ジャンプスターターの使い方【バッテリー上り】

この記事は 約7分で読めます。

Arteck ジャンプスターター

ジャンプスターターの使い方について質問を頂いたので、私の所有している「Arteck ジャンプスターター」について説明します。

スポンサーリンク

Arteck ジャンプスターター 8000mAhモデル

商品の仕様

容量8000mAh
ジャンプスターター出力12V
ジャンプスターター起動電流150A
ジャンプスターターピーク電流300A
対応車両12V 2.5L ガソリンエンジン車まで
USB出力5V / 2.1A
入力電荷CC / CV・5V / 2A
寸法135 × 75 × 20 (mm)
動作温度範囲-20℃ ~ 60℃

パッケージ内容

Arteck ジャンプスターター×1
ジャンプケーブル×1
充電用ケーブル×1
専用ケース×1
取扱説明書×1

Arteck ジャンプスターター パッケージ内容

専用ケースには付属品すべてを収納することができます。

Arteck ジャンプスターター 付属ケーブル

充電用ケーブルは「iPhone/iPad/iPod用(Dockコネクタ)」「miniUSB」「iPhone用(Lightning)」「microUSB」に対応しています。本体の充電にも利用できます。

ジャンプスターター本体への充電

Arteck ジャンプスターター 充電ポート

ジャンプスターター本体への充電は任意の「USBカーチャージャー」などから行ってください。充電端子は「microUSB」なので付属の充電ケーブルが利用できます。

超小型USB充電器
「AUKEY 4.8A 超小型USB充電器」を取り付けたので報告します。

ジャンプスタート操作

ジャンプスタートの操作手順を説明します。

ジャンプスターターの充電量を確認する

ジャンプスターター本体のボタンを短く押して充電量を確認します。エンジンをスタートさせるには少なくとも75%以上(LED3個以上点灯)の残量が必要です。排気量が2.5Lに近いガソリン車の場合、100%(LED4個点灯)の残量が必要になります。

Arteck ジャンプスターター 充電量表示LED

充電直後は本体の温度が上昇しているためジャンプ作業に移る前に最低でも2分間は冷却してください。

ジャンプケーブルを車のバッテリーにつなぐ

Arteck ジャンプスターター 説明書1

ジャンプケーブルのクランプをバッテリーにつなぎます。黒いクランプをバッテリーのマイナス端子につなぎ、赤いクランプをプラス端子につなぎます。※まだスターター本体とは接続しないでください。

12Vバッテリー プラス端子

C-HRの場合はプラス端子のカバーを外す必要があります。(持ち上げるだけです)

バッテリーマイナス端子へ接続

バッテリーのマイナス端子のナットの部分に黒いクランプを挟みます。このときにナットの面とクランプの面を平行に合わせて安定していることを確認してください。

バッテリープラス端子へ接続

バッテリーのプラス端子のナットに赤いクランプを挟みます。ナットの向きとクランプを合わせて安定していることを確認してください。

クランプのバッテリーへの接続完了

接続が安定していることを確認してから次の段階に進みます。

非常に危険なので赤クランプと黒クランプをつながないでください。素手で金属部分に触れないように注意してください。

ジャンプケーブルをスターター本体と接続する

Arteck ジャンプスターター 説明書2

ジャンプケーブルをジャンプスターターのソケットに挿し込みます。

Arteck ジャンプスターター クランプのソケット

事故防止のためにソケットはプラスとマイナスで形状が違っています。

Arteck ジャンプスターター クランプケーブル接続

ソケットの向きを合わせて挿し込みます。

Arteck ジャンプスターター 通電準備

ジャンプケーブルのLEDが赤と緑に点滅を始めます。

Arteck ジャンプスターター 通電状態

しばらく待つと(5秒ほど)LEDが緑点灯して通電状態になります。

個人的な経験からの予想なのですが、車のバッテリー残量があまりにも少ないと(電圧が低いと)自動的には緑点灯に移行しません。

Arteck ジャンプスターター 強制通電

しばらく待ってもLEDが緑点灯しない場合はジャンプケーブル横のボタンを3秒以上長押しすることでLEDが緑点灯して通電状態になります。

エンジンをスタートする

Arteck ジャンプスターター 説明書3

LEDが緑点灯して通電状態になったことを確認してエンジンをスタートします。

Arteck ジャンプスターター インターバル

もし一度でエンジンが掛からなかった場合は連続して始動せずに少なくとも15秒間のインターバルを空ける必要があります。

Amazonの商品説明では “一回目でエンジンがすぐにかからない場合、車のバッテリーからジャンパーケーブルを外し、少なくとも10秒間隔をあけてから再びケーブルをバッテリーにつないでください。” と記載されています。

個人的には一度目でエンジンが掛からなかった場合は、再びケーブルをつないでから2~3分待ってからスタートすると始動しやい気がします。※本体の発熱には注意してください。(実践する場合は自己責任でお願いします)

ジャンプケーブルを本体のソケットから抜く

Arteck ジャンプスターター 説明書4

エンジンが始動したらできるだけ速やかに本体からケーブルを抜いてください。

Arteck ジャンプスターター 始動後

説明書には“エンジンが始動したら20秒以内にジャンプケーブルをソケットから抜く”ように記載されています。

ジャンプケーブルをバッテリーから外す

Arteck ジャンプスターター 説明書5

ジャンプスターターのクランプをバッテリーから取り外して作業完了です。

ジャンプスターターを充電する際はジャンプ作業後、最低2分間は冷却してください。

電子機器への充電操作

Arteck ジャンプスターター モバイルバッテリー

5V / 2.1AのUSBポートからスマートフォンやその他の電子機器へ充電が可能です。

USBポートを利用するには付属の充電ケーブルか任意のケーブルを使用して充電したい電子機器と接続します。

Arteck ジャンプスターター モバイルバッテリー 充電開始ボタン

本体の「Power」ボタンを押すことで充電が開始されます。

LEDライト

個人的な感想になりますが、搭載されているLEDライトは暗闇でジャンプ作業を行うのに必要最低限の明るさしかありません。ただし点灯可能時間がとても長いので(120時間以上)非常時にはモバイルバッテリー以外にも常夜灯として利用できそうです。

LEDライトの点灯方法

LEDライトは本体の「Power」ボタンを3秒以上押すと点灯します。

点灯後、ボタンを短く押すことで「点灯 → SOSモールス信号 → 点滅 → 消灯」と切り替わります。

消灯後、再びLEDライトを点灯させるには「Power」ボタンを3秒以上押してください。

ジャンプスターター通電時の電圧(V)

ジャンプスターターが通電したときの電圧(V)を測定しました。

Arteck ジャンプスターター 電圧測定

ジャンプケーブルとジャンプスターターを接続するとジャンプケーブルのLEDが緑と赤の点滅をはじめます。バッテリーに接続していないので通電はしません。

ジャンプケーブル横のボタンを長押しして強制的に通電させます。

危険なので通電中に赤いクランプと黒いクランプを接触させないでください。

Arteck ジャンプスターター 通電中電圧

LEDが緑点灯に変わり通電中です。電圧(V)は12.22Vでした。

一般的なテスターでは測定できる電流(A)の上限(200mAなど機種による)が決まっています。ジャンプスターターなどの大電流を測定すると発火や感電の危険があるのでくれぐれも測定しないように注意してください。

Arteck ジャンプスターター通電中の電圧

ジャンプスターターの充電量がどの程度までこの電圧を出力できるのかは不明ですが、本体のLEDが1個しか点灯しない状態(25%以下?)ではハイブリッドシステムを起動することはできませんでした。

バッテリーあがりであたふた
朝、エンジンをスタートしようとプッシュボタンを押すと「カチカチカチカチカチッ」という音と共にシステムが高速で点滅を始めてエンジンが始動しませんでした。

ジャンプスターターの注意点

車内環境は劣悪なので車載しているジャンプスターターの劣化や充電不足などの心配があります。いざというときに使えないのでは意味がないので定期的な点検(少なくとも3カ月に一度程度)を心掛けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました