値引き交渉術

はじめに

値引き交渉術なんて大袈裟なタイトルにしていますが、大した事はしていません。一般的に言われている方法と違うと思いますが「こんなやり方もあるね」くらいな感じで読んでください。

値引き交渉
値引き交渉

交渉の時に気を付ける事

新車を買う時に気になるのが値引きの額だと思います。当然できるだけ安く買えた方が良いに決まってますよね。見積もりを出して貰う時には車両本体価格、下取り価格、付属品価格を分けて考えてください。交渉中に下取り車や付属品が無くなったとしても値引き額は変わらないことをたびたび確認して置いた方が良いと思います。それに現金とローンで買う場合の値引きに差があるのかも確認が必要です。ローンのキックバックがディーラーに入る場合その分の値引きも上乗せされているかもしれません。特に大幅な値引きが引き出せた時には条件次第では価格を修正される事もありますので要注意です。

交渉前にやっておきたいこと

今回、買い取り専門店の高額買取に驚いたので、まずは下取り予定の車の査定をしてもらった方が良いでしょう。売買契約はディーラーの下取り価格を聞いてからでも遅くありません。購入を見送るかもしれませんしね。

車両本体価格の値引き率

私は車両本体価格からの値引き率を新型車で5%、マイナーチェンジ後で8%、それ以外であれば10%、モデル末期だと12%以上、オプションは選ぶ物にもよりますが10~30%の値引きが達成できなければお買い得感が薄いので契約を見送ることが多いです。それでも欲しければ仕方ありませんが妥協したくないところです。

値引き交渉
値引き交渉

値引き交渉開始

大体の値引き目標額と下取り価格がわかったところでいよいよディーラーに出向き交渉をはじめます。まずは欲しい車の見積もりを出してもらいますが、重要なのは「買いたい」意思を見せることです。冷やかしではなかなか良い値段はだしてくれません。気に入っている所について話しながら見積もりを作ってもらうと営業マンと打ち解けやすいです。現在乗っている車の査定もして貰ってください。もし買い取り専門店と同じ様な金額でしたら再度買い取り専門店と交渉が必要です。一度目の見積もりで納得できる値段を出してくれる事はないと思います。納得できなければ「すごく欲しいけど、この値段では買う気になれない。」と正直に言うべきです。きっと値引きを頑張ってくれると思います。ただし車両本体価格、オプション価格、下取り価格は別に考えることを忘れないでくださいね。昔は車両本体価格の値引きを多く見せるため、下取り価格やオプション価格で調整したりしていました。今は消費税の兼ね合いもあって簡単にはできないみたいです。

在庫車について

あと在庫車について確認してみてください。希望のグレードと色が一致していなくても納期も早く値引き幅が大きい傾向にあるので狙い目です。価格との兼ね合いで妥協できるのであればおすすめです。ただ在庫車の場合、他の営業マンが売ってしまうこともあるので交渉途中でもキープして貰えるように営業マンに話をしてみてください。

付属品について

ディーラーオプションは購入後でも買うことはできますが新車購入時の方が安く手に入ることが多いので、この時にある程度決めてしまいましょう。契約後でも発注前であればある程度の変更が可能だと思いますので迷っている装備があるのであれば営業マンに前もって相談してみてください。

期待した値引きが引き出せなかったら

契約を決心する金額は人それぞれですが、納得のいく価格が出なければ諦めましょう。せっかく見積もりを出して貰ったからといって無理に買う必要はありません。「時間を取らせて申し訳ありませんでした。残念ですけど今回は見送ります。良い話があったら連絡して下さい。」と話しておけば何かあれば連絡をくれます。

値引き交渉
値引き交渉

一日目で期待通りの結果が出た

さて初回訪問で納得のできる見積書ができあがればここで判子を…じゃなく、一度「持ち帰って検討します。」「もう少し考えます。」と伝えましょう。たまに「今、決めて貰えればもう少し頑張ります。」とか言ってくれるので、その額もしっかり聞いて帰りましょう。後日でもその価格は大抵出ます。

値引き交渉
値引き交渉

隠れて競売する方が相手に悪い印象を与えません

「他だともっと安く買えるかも?」気になりませんか?気になりますよね、もし気になったら「こっそり競売」に行きます。その時に他で値引き交渉していることは内緒です。相手も最初から「向うはいくら値引きしてくれた。」とか「これより安くなるなら買う。」なんて言われると、あまり良い気分はしませんよね。再度同じように見積もりを出して貰いますが、値段が離れているのに限界だと言ってくる営業マンは自分のために頑張ってくれていないと判断します。その時に「向うは幾ら引いてくれた。」とか言うのは野暮です。そこで安くなったとしても余り良い関係は築けないと思うので笑顔で帰りましょう。最初の営業マンが自分のために頑張ってくれた証拠です。

最終的に何を重要視するか?

競売の結果、同じような値段だと困りますよね。私は立地条件や、どちらの営業マンとうまく付き会っていけるかで判断しています。以前こんなことがありました。納車日があと数日まで迫った時に担当者から電話が掛かってきて「納車日を伸ばせば新しいモデルのナビが取り付けられますがどうしますか?値段も少し安くなります。」勿論お願いしましたけど、きめ細かくフォローしてるなと感心しました。

車種違いで競売していた場合、多少価格が高くても欲しい車を買うべきだと私は考えます。何年乗るのかも考えて決定してください。価格がすべてではありません。

断りの連絡は忘れずに

何件かディーラーを周って良い見積もりが取れたら契約まであと一息ですね。気持ちが決まったら、契約前にお断りする営業マンに連絡をしてください。「金額的に折り合いがつかなかったので今回は諦めます。」とでも言っておけば角が立たないと思います。ここで更なる値引きの上乗せの話になるかもしれません。交渉を継続するか否かはみなさんにお任せしますが、その時の電話で即答するのは避けた方が良いと思います。もう一方の営業マンも値引きの上乗せを提案してくるかもしれませんからね。基本的には断ってからの値引きはあまり気持ちの良いものではないので私はあまり好きではありません。

最後のワガママ

断りの電話が済んだら、買うことに決めた営業マンには最後の我がままを聞いてもらいます。付属品のサービスや燃料満タン、端数の切り捨てなど背中を押してくれる何かをお願いしましょう。どうせダメもとなので甘えてみてください。意外と聞いてくれます。

値引き交渉
値引き交渉

最後に

私は面倒くさがりなので今まで下取りはディーラーに出していました。過去に1度だけ営業マンが買い取り専門店に車を売ってくれたことがあり、下取り価格が高いとは思いましたが余り気にしてませんでした。今回は納車待ちが長すぎて、なんとなく買い取り専門店に査定してもらいましたが買い取り額の差に驚きました。特にオプションを多く付けている車を持ってる人は買い取り専門店の方が評価してくれる可能性が高いので面倒くさがらずに査定をお願いするべきです。手続きもスムーズで面倒なことはありませんでしたよ。

色々と書きましたが営業マンと仲良くなると値引きも引き出しやすいと思います。ただ相手への礼儀と感謝は忘れないでくださいね。