バッテリー上りであたふた

スポンサーリンク

朝、エンジンをスタートしようとプッシュボタンを押すと「カチカチカチカチカチッ」という音とともにシステムが高速で点滅を始めてエンジンが始動しませんでした。

最初はDIYの作業ミスによる漏電を疑い「ウインカー連動デイライト 」のスイッチをOFFにしたりと一瞬プチパニックになりました。しかしショートしているのであればヒューズが切れるはずです。バッテリー上がりかもしれないと思いつつも確信が持てませんでした。

何度かエンジンのスタートを試みているうちにシステム自体がだんだんと起動しなくなりカチカチ音も連続しなくなりました。ここでようやくバッテリー上りなんだと確信しました。

ハイブリッド車でのバッテリー上りは初めての経験だったので最初、壊れるのではないかとヒヤヒヤしました。初見だとかなり焦ると思います。

バッテリーが上がったとなるとラゲッジに積んである「ジャンプスターター 」の出番なのですが不安がよぎります。知人が去年の春に「ジャンプスターター 」を使ってもエンジンが始動しなかったと聞いて「たまに充電を確認しないといざという時に使えないよ」と忠告していながら自分もメンテを怠っていたので嫌な予感しかしません。

電力不足でバックドアのロックがなかなか解除されないことに焦りながら「ジャンプスターター 」を取り出して充電量を確認したところ…。

ジャンプスターターは充電不足で使用できず

やはりLEDは一つしか点灯しませんでした。私の持っている「ジャンプスターター 」は少なくともLEDが三つ点灯しなければスタートできません。完全に知人と同じ轍を踏んでいました。

ブースターケーブル

結局は「ブースターケーブル 」を使うことであっさりとエンジンはかかりました。今のところエンジンを切った直後の電圧も12.6~12.8Vあるので大丈夫だと思います。

バッテリー上りを起こした原因といえば、もともと電装品が多いので負担は大きかったと思います。たまに「バッテリー保護のため、駐車時録画をキャンセルしました。」と『DRD-H66』の音声エラーメッセージが出ることもありました。

それに補器バッテリーが減ってしまった心当たりが無いわけではありません。

急に暖かくなり道路状況が最悪だったので週末は『microSDXCカードのテスト』と『氷割や除雪』作業を行っていました。そしてその間一度もエンジンを掛けていませんでした。

『microSDXCカードのテスト』は夜間だったのでエンジンを掛けずにアクセサリーモードで室内灯を点けながら作業をしていました。それにシートヒーターやナビも動いていたと思います。もしかするとヘッドライトやデイライトも点灯していたかもしれませんがあまり気にかけていませんでした。(アクセサリーモードでヘッドライドなどが点灯するかは未確認です)

何度も乗り降りしていたのでバッテリー保護機能がないドライブレコーダー『ND-DVR1』も振動を検知してその都度起動していたと思います。

翌日は春の陽気だったので氷割りや除雪のために車の周りを何度も行ったり来たりしていました。キーを持っていたので近づくたびにイルミネーションが反応していたかもしれません。

実際のところ何が本当の原因かはわかりませんがエンジンが始動したことで補器バッテリーは充電されたのでとりあえずは大丈夫だと思います。ただ出先でバッテリーが上がると怖いので「ジャンプスターター 」の他に「ブースターケーブル 」も車載することにしました。

ラゲッジアンダートレイに入らず

ただサイズが大きくアンダートレイに入らないので「ラゲッジルームバッグ 」に突っ込んでいるので、しばらくして問題がなければ下す予定です。

コンソールボックスで常に充電

それと暖かくなるまではコンソールボックスで「ジャンプスターター 」は充電し続けることにしました。これで充電量不足は解消できるはずです。

気を付けていてもまたバッテリーが上がってしまうようだと劣化や漏電、故障も考えられるのでディーラーに相談しますが、今のところは様子を見るつもりです。保険として「コンセントからセルスタート可能な充電器 」の購入も検討中です。


セルスター バッテリー充電器 DRC-600 (フロート+サイクル充電)12Vバッテリー専用 価格:7,600円(税込、Amazonプライム対象) (2018/3/6時点)

posted with カエレバ

コメント