※ 4月4日(木)AM2:00頃~AM7:00頃までの間、サーバー停止を伴うメインテナンスのために最大で300分間サイトが閲覧できない状態になります。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。

DRD-H66に64GB microSDXCカードは使えるか?

スポンサーリンク
この記事は 約5分で読めます。

Amazonサイバーマンデーセールで手に入れた「Samsung microSDXCカード 64GB EVO Plus」が届いたので早速DRD-H66に使えるか試しました。

結論から言うと使えませんでした。

まずは”exFAT”のままmicroSDXCカードにDRD-H66のシステムファイルをコピーして差してみましたが認識せずにエラーがでました。

※システムファイルのコピーについては以前の記事を参考にしてください。

DRD-H66のメモリーカードを32GBに変更しました
トヨタ純正 ドライブレコーダー DRD-H66に「32GB microSDHCカード」を使用して問題なく動作しているので報告します。録画時間は約4倍の標準画質で最大約10時間、高画質で最大約5時間の録画が可能になります。

問題の”exFAT”を”FAT32″に変更します。必要なソフトは「HP USB Disk Storage Format Tool」です。使用したOSは”Windows10 Pro 64bit”で、インストール後「このプログラムは正しくインストールされなかった可能性があります」と言ってきます。

正しくインストールされましたをクリック

気にせず「このプログラムは正しくインストールされました(P)」をクリックすれば使えるようになります。

起動して[Device]を使いたいSDカードに合わせて[File system]を”FAT32″に合わせます。一応ダメ元でクイックフォーマットを試してみました。

クイックフォーマットを試す

フォーマット後、DRD-H66のシステムファイルをコピーして差し込みましたがエラーで認識できません。

最終手段の物理フォーマットでファイルシステムを”FAT32″に変更しました。

物理フォーマット

先ほど[Quick Format]にチェックを入れていたので外して[Start]を押します。

物理フォーマット中

物理フォーマットは私のPCで1時間ほどかかりました。普通は物理フォーマットをしなければならない場面は無いと思います。

フォーマット終了後、DRD-H66のシステムファイルをコピーして差してみましたがやはりエラーが出て使えません。

DRD-H66エラー表示

さらに「DRD-H66」本体を初期化しても使えなかったので諦めることにしました。

メモリカードを32GB microSDHCカードに交換すると何事も無かったかのように認識して録画を再開しました。こうなると後方用のドライブレコーダーに使っている「ND-DVR1」でも試すしかありません。

ZERO802VとND-DVR1を使ってC-HRの死角を無くす!
後方用ドライブレコーダーにパイオニアの「ND-DVR1 」を設置し、映像を「ZERO 802V」に映し出して後方の死角用モニタとして利用しています。

しかしこちらは「DRD-H66」よりもたちが悪くmicroSDXCカードを差して立ち上げるとフリーズしてしまいます。カードを元に戻しても復旧しないので本体横のリセットを押す必要がありました。

T-Connectナビの「NSZT-Y66T」でも試そうかと思っていましたが、初期化が必要になると嫌なのでここで戦略的撤退を…ではなく、一目散に敗走しました。

結局ドライブレコーダーには使えなかった「Samsung microSDXCカード 64GB EVO Plus」ですが、デジイチには「Transcend 600X 32GB SDHCカード」を使っていたので

32GB SDHCカード

容量アップとスペックアップを期待して入れ替えることにしました。

Panasonicテレビドアホン

Transcend 600X 32GB SDHCカード」の行き先は迷っていますが、デジイチ→コンデジ→テレビドアホンと玉突きで入れ替えようかと思っています。

実験した結果『DRD-H66で使用できる大容量microSDカードは32GBまで』となりました。

コメント