DRD-H66に64GB microSDXCカードは使えるか?その2

この記事は 約3分で読めます。

シリコンパワー microSDXCカード 64GB class10 UHS-1」が届いたので「DRD-H66」で使用可能か試してみました。

スポンサーリンク

シリコンパワー 64GB microSDXCカード

64GB microSDXCカードに「GParted」を使ってみた
nobody nowhereさんから『GParted』を使って128GBのSDカードが使えているとのコメントを頂き、私も「Samsung microSDXCカード 64GB EVO Plus」で試してみました。

ファイルシステムをFAT32に変更

Samsung microSDXCカード 64GB EVO Plus」の時と同じようにファイルシステムを”FAT32″に変更して

システムファイルのコピー

最低限必要なファイルコピーしてからドライブレコーダーに挿入します。

いくつかのパターンを試しましたが「DRD-H66」はエラー、「ND-DVR1」はハングアップと「Samsung microSDXCカード 64GB EVO Plus」の時と全く同じ反応で使えませんでした。

「DRD-H66」はエラーが出ても対応のメモリーカードを挿入することで正常に復帰します。「ND-DVR1」はリセットが必要です。

Transcend microSDXCカード 64GB」は試していませんが、これで「DRD-H66」に「microSDXCカード」を使うことは諦めることにします。ファイルシステムを”FAT32″に変更することで使えるドライブレコーダーもあるのかもしれません。試す方はくれぐれも自己責任でお願います。

メモリーカードのパッケージデザイン

「DRD-H66」には使えませんでしたがパッケージデザインが特徴的だったので紹介します。念のために言っておきますが性能的には良い製品です。

SP製メモリーカードパッケージ

写真は「シリコンパワー microSDXCカード 64GB class10 UHS-1」のパッケージです。

SP製メモリーカードパッケージ

ひときわ目を引くのはポーズをとっているお兄さんです。メモリーカードに目がいきません。色使いもレトロ(わざと?)な感じで古くて色あせてたように見えます。簡単に調べたところ容量や製品によってモデルさんが違います。 台湾の会社なのに「欧米か!」

microSDXCカード

メモリーカード本体のデザインは悪くないと思います。しかし会社名を知らずにこの垢抜けないパッケージで店頭に並んでいたらなかなか手に取りにくいと思いました。

バッテリーあがりのその後

あの日以来、C-HRはアクセサリーモードの使用は封印しています。もちろん「microSDXCカードのテスト」はエンジンを掛けたまま行いました。今のところ「DRD-H66」から「バッテリー保護のため、駐車時録画をキャンセルしました。」の警告もなく、寒い朝も快調にエンジンは掛かっています。また何かトラブルがあれば報告したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました