C-HRにデイトナ樹脂光沢復活剤を使ってみた

この記事は 約6分で読めます。

デイトナ樹脂光沢復活剤

C-HRは未塗装樹脂部分が多くメンテナスを怠ると白化してしまい、年数のわりに古臭く見えてしまう可能性があります。

白化の原因としては紫外線からのダメージが一番ですがワックス成分の残りや汚れによるものもあります。

そこで長く綺麗な状態を保ちたいので「デイトナ 樹脂光沢復活剤」を使い未塗装樹脂部分にコーティングを行うことにしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

使用上の注意点

デイトナ 樹脂光沢復活剤」は塗装面やゴムパッキンなど未塗装樹脂以外には使用できません。

注意書きに24時間で指触乾燥になり完全硬化には約3~4日かかります。それまでは擦ったり水分を付着させないようにしなければなりません。ってハードルたか!

余程天気に恵まれないと無理です。もしくは雨の日は車庫で保管して使用しないことができる人にしかまともに使えません。

しかし使用方法のところには「24時間程度は指等で触らず、また雨等に濡れないようにして乾燥させてください。」と若干ハードルを下げた記述があるので、24時間程度乾燥させることができればあまり神経質になる必要ないでしょう。ただし洗車はコーティング後一週間は避けた方が無難だと思います。

使用方法

デイトナ樹脂光沢復活剤

使い方はいたって簡単です。

  1. 塗布する箇所の汚れ・油分を洗剤などで綺麗にし、十分乾燥させます。
  2. 付属のスポンジに少量染み込ませ、均一に塗っていきます。
  3. 約5分間乾燥させた後、乾いた清潔なタオルで軽く拭き上げて作業自体は完了です。

※中蓋は保管するときに使うので捨てないでください。

樹脂光沢復活剤のC-HR塗布部位

フロントは真ん中の黒い部分は梨地ではないので必要ないかもしれません。

樹脂光沢復活剤の塗布部 C-HRフロント

サイドラインはC-HRのチャームポイントの一つです。サイドの未塗装部分が視覚的にスマートに見せてくれています。面積が大きいのでやりがいがありますね。

樹脂光沢復活剤の塗布部 C-HRサイド

リヤの塗布部分です。リアガーニッシュは細かい所は塗りませんでした。マスキングをしたり綿棒を使えば塗布可能ですが私は手を抜いています。

忘れずにリヤワイパーの無塗装樹脂部分にも塗布します。

樹脂光沢復活剤の塗布部 C-HRリヤ

実際に使用しました

私は洗車をして未塗装樹脂とウィンドウ以外をまずは「ゼロウォーター」でコーティングしました。塗布する部分が乾いてから「デイトナ 樹脂光沢復活剤」を使用します。

注意書きにも塗装面には使用するなと書いてあるので塗りたい部分に隣接する塗装面をマスキングテープで養生しました。

マスキングテープで養生
スポンジのコントロール性が良く薬剤も良く伸びるので凄く塗りやすいです。最初に塗布した右フロント以外養生せずに塗ってしまいました。

実際は100均で買ったマスキングテープの柔軟性が無く、滅茶苦茶使いにくかったのが一番の原因です。

ただしきわどい所は塗装面に着いてしまいそうなので怖くて塗っていません。(きっぱり)

パーツごとにセクションを分けて作業をしましたが、時間が勿体ないので乾燥待ちはせずに次の部分を塗っていきました。乾拭きは5分以上経過してから拭き上げたりと結構適当に作業しています。

フロントの網目は一か所づつ丁寧にやるのは面倒なので全体的に表面を塗ってから、全体の下面、上面と向きを揃えて塗っていきました。時間はかかりましたがなんとか塗りたい部分にはすべて塗布できました。

梨地以外の未塗装部分には?

ドアミラーの根本に塗りましたが塗ったそばからムラになったので慌てて拭き取りました。梨地以外にはあまりおすすめできません。

5分乾燥後、綺麗なクロスで拭き上げることでムラは無くなります。塗布時のムラは気にせずにコーティングすることをおすすめします。

私は1年後に「ワコーズ スーパーハード」で梨地以外の未塗装樹脂部分もコーティングしました。

ワコーズ SH-R スーパーハード 未塗装樹脂用耐久コート剤【レビュー】
未塗装樹脂部分に「ワコーズ SH-R スーパーハード 未塗装樹脂用耐久コート剤」を使用したので簡単なレビューをお伝えします。

効果は?

樹脂光沢復活剤の塗り分け
本当はパーツの境目で比較したかったのですが写真では違いがわかりにくいので、大きなパーツを途中で塗り分けました。矢印を境に右側が樹脂光沢復活剤使用、左側が未使用です。左側の方が白っぽいのがわかりますよね。右側は艶が出て黒に深みがあります。

新車でも見た目上の効果はあります。撥水性や防汚性は完全硬化後でなければ水圧のある水を掛けられないのでまだ確認できていません。

ワンポイント

静電気で埃が吸い着いてしまいました
乾拭き後すぐに走ったため静電気で埃が吸い着いてしまいました。できれば風のある埃っぽい日は避け、使用後は少なくとも24時間は走ったりしない方が埃が吸い付かずに済むと思います。

埃でムラが
C-HRの未塗装樹脂部分は面積が広いので埃のムラが目立ちます。完全硬化後に洗車をすれば埃は取れると思いますので焦ってその日のうちに水で洗い流したりするのはコーティングが剥がれてしまうので厳禁です。

私は24時間経過後に雨が降ったのでムラが治っていなければ洗車して防汚性、撥水性ともども確認してみようと思います。

樹脂光沢復活剤続報とまさかのゼロウォーター!?
先日デイトナ樹脂光沢復活剤を使用後に走行して未塗装樹脂部分に埃がムラになって付着していましたが雨程度では綺麗になりませんでした。洗車をしたので続報です。

最後に

残量は矢印の部分で8割ほど残っています
C-HRは未塗装樹脂部分が多く使用量の心配をしていましたが全然減りませんでした。上手く撮れていませんが、残量は矢印の部分で8割ほど残っています。

製品の1本の標準塗布面積は2.5㎡です。私はエアロのおかげで塗布面積が少なく済んでいますがノーマルでもきっと大量に余ると思います。

スポンジが4個付属していますが予想以上に薬剤が余ったので洗って乾かしてダメになるまで何度も使うつもりでいます。

コーティングの耐久性は6カ月~1年となっていますが、長期間保管して使えなくなると意味がないので2~3カ月毎に上塗りしていくつもりです。

デイトナ 樹脂光沢復活剤」はコストパフォーマンスも高くC-HRには是非使用してもらいたい製品です。

ワコーズ SH-R スーパーハード 未塗装樹脂用耐久コート剤【レビュー】
未塗装樹脂部分に「ワコーズ SH-R スーパーハード 未塗装樹脂用耐久コート剤」を使用したので簡単なレビューをお伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました