【DIY】加工したOBD2分岐ケーブルの取り付け【バッテリー上がり対策】

記事内に広告が含まれています。
この記事は 約5分で読めます。

OBD2端子は固定金具から取り外していました

以前の記事で紹介した加工済み「OBD2分岐ケーブル」を取り付けました。

トップの写真は「レーダー探知機」のコードをAピラー内に隠し、配線の取り回しを決めたところです。作業途中で一時的に撤収したので [OBD2端子] はフリーな状態のまま、周りのパネルを戻しました。

加工済みOBD2分岐ケーブルの取り付け

今回の作業では、アクセサリー電源化した『OBD2コネクター』は「レーダー探知機」と接続、未加工の『OBD2コネクター』は [OBD2端子] の純正位置に固定します。(入れ替えます)

純正OBD2端子のコネクター形状確認

純正OBD2端子

純正 [OBD2端子] のコネクター形状を確認します。C-HRは『汎用型』のコネクターでした。

※製造時期やモデルによってコネクター形状が異なる可能性があるので「OBD2分岐ケーブル」を購入する前に確認することをおすすめします。

[OBD2端子] の取り外しは、二つのOBD2接続機器を取り付けたり、「OBD2分岐ケーブル」の片方のコネクターを純正位置に固定しないのであれば必要のない作業です。

[OBD2端子] をいきなり外すこともできますが、作業スペースの確保と接続機器の配線を隠すために [OBD2端子] 周りのパネルを取り外します。

キックガード取り外し

運転席側キックパネルと足元のパネルを取り外す

最初にキックガードを取り外します。ツメで固定されているだけなので上に引っ張ると外れます。

気温が低いとツメが破損することがあるので注意してください。私は何度も取り外しているうちにツメを1カ所破損させています。今のところ固定に支障はありません。

足元右側パネル取り外し

足元右側のパネルは奥のネジ1個とクリップ2個で固定されています。奥にあるネジを外してから、パネルを手前下方向に引っ張るとスムーズに取り外せます。

足元右側のパネルはクリップが残ります

パネルを固定していたクリップが車体に残るので「クリップ外し」などを使って取り外すのを忘れないでください。


クリップ外しを使って取り外し

外したクリップはパネルに取り付けておきます。私は傷防止のために「クリップ外し」の力が掛かる部分にビニールテープを巻いています。

ハンドル下アンダーカバー取り外し

次にハンドル下アンダーカバーを取り外します。

運転席側アンダーパネル取り外し

アンダーカバーは白丸のネジ2カ所と緑丸のツメ2カ所で固定されています。


ネジを緩めるには足元のパネルを取り外す必要があります

右側のネジを緩めるには足元右側のパネルを取り外す必要があります。2カ所のツメは軽く押すと外れるので無理な力は加えないでください。

純正OBD2端子の取り外し

ツメを押してOBD2端子を金具から取り外す

[OBD2端子] は2カ所のツメで固定されています。ツメを押さえて、コネクターを奥に押し込むと金具から取り外せます。


フリーになったOBD2端子

私はマイナスドライバーでツメを押さえながら片側ずつ外しました。

ケーブルは短いので手前に引っ張らないように注意してください。断線する可能性があります。

OBD2分岐ケーブル取り付け

OBD2分岐ケーブル取り付け

フリーになった [OBD2端子] に「OBD2分岐ケーブル」を取り付けます。※奥まで確実に差し込んでください。

加工したコネクターにOBD2機器を接続

加工したOBD2コネクターにOBD2接続アダプターを取り付け

アクセサリー電源化した『OBD2コネクター』に「OBD2接続アダプター」を取り付けます。

OBD2分岐ケーブル」のアクセサリー電源化について知りたい方は前回の記事をご覧ください。

OBD2接続アダプターのピン

コムテックの「OBD2接続アダプター」は、8ピンしか利用しないようです。

未加工のOBD2コネクターを純正位置に取り付け

純正位置に未加工のOBD2コネクターを取り付け

OBD2分岐ケーブル」の『OBD2コネクター(未加工)』を固定金具に取り付けます。

加工した『OBD2コネクター』を純正位置に取り付けないでください。ディーラーでの検査時に不具合が出る可能性があります。

アクセサリー電源を接続

アクセサリー電源用配線と加工した配線を接続

あらかじめ準備していた『アクセサリー電源用配線』と加工した『OBD2コネクター』の配線を接続します。

今回は接続が簡単なエーモンの「接続コネクター」を使用しました。

アクセサリー電源用配線を長さを調整

[アクセサリー電源] は「ウインカー連動デイライト」用の「トヨタ用コネクタワイヤキット付き青色LEDプッシュスイッチ」から取り出します。

『アクセサリー電源用配線』の長さを調整

余分な『アクセサリー電源用配線』をカットします。


アクセサリー電源用配線に配線コネクター取り付け

先端に「配線コネクター」を取り付けます。


アクセサリー電源に配線コネクターを接続

トヨタ用コネクタワイヤキット付き青色LEDプッシュスイッチ」の [アクセサリー電源] に「配線コネクター」を接続して、OBD2接続機器のアクセサリー電源化は完了です。

動作確認

レーダー探知機が動くのを確認

起動するタイミングは、わずかに(数秒?)遅くなった気がしますが、GPSもすぐに受信しますし、車両情報の表示に不具合はありません。

正常に動くことが確認できたので「OBD2分岐ケーブル」やケーブルをアンダーカバー内に隠して、取り外したパネルを元に戻します。

作業終了

外したパネルを戻せば作業終了です。

左奥の差し込みをはめてから固定

アンダーカバーを取り付ける(戻す)際は、左奥のフックを差し込むのを忘れないように注意します。


足元パネルの中がすっきりしました

以前は足元パネル内に「OBD2接続アダプター」の余ったケーブルを隠していたので中はパンパンでしたが、今回の作業でスッキリしました。

これで『暗電流』が多少なりとも減ることを期待します。

CarAngels OBD2用分岐ケーブル ケーブル22㎝ 汎用OBD2ケーブル29㎝ OBDII 16ピン分配ケーブル
CarAngels
¥1,699(2024/02/29 18:00時点)
【商品仕様】オス16ピン(入力)×1 メス16ピン(出力)×2 トOBD2ケーブル配線長22㎝ 汎用型OBD2ケーブル配線長29㎝

コメント

タイトルとURLをコピーしました