【DIY】エアコンフィルター交換【定期交換】

この記事は 約6分で読めます。

クリーンエアフィルター

エアコンフィルターをDIYで交換しました。1年以上放置してしまったので、どれほど汚れているか気になるところです。

交換は9月上旬に行いました。前回の交換は昨年の5月です。ちなみに納車から現在まで、エアコンからの異臭はありません。

エアコンフィルター

私はデンソー(DENSO)の「クリーンエアフィルター」を使用しています。PM2.5対策、抗菌、防カビ、抗ウイルス、脱臭(排ガス臭)と、必要十分な性能です。

デンソー(DENSO) クリーンエアフィルター

DCC1014

C-HRの適合品番はDCC1014です。プリウスやノア、アルファードなどと共通なので、詳しくは公式サイトの適合品番検索を利用してください。

デンソー(DENSO) クリーンエアフィルタープレミアム

クリーンフィルタープレミアム」は「クリーンエアフィルター」には無い、3つの機能が追加されています。

1.  アレル物質の抑制(スギ花粉、ダニの死骸)

アレル物質を捕獲するだけではなく、フィルターに塗布された「アレル物質抑制剤」がIgE抗体とアレル物質の結合を抑制します。

2. ペット臭の除去(アンモニア臭除去)

塩基性臭気用添着炭(脱臭層)により、ペット臭の元となる「アンモニア」を除去します。※排ガス臭は活性炭で除去。

3. ビタミンCの放出

フィルターに塗布されたビタミンCセラミックスから放出された「ビタミンC」が肌にうるおいを与えます。

機能比較

クリーンエアフィルタープレミアムクリーンエアフィルター
高除塵
脱臭
安定風量
抗菌・防カビ
抗ウイルス
アレル物質抑制
ペット臭除去(アンモニア臭除去)
ビタミンC放出(肌にうるおいを与えます)

C-HRの適合品番はDCP1014です。プリウスやノア、アルファードなどと共通なので、詳しくは公式サイトの適合品番検索を利用してください。

エアコンフィルター交換の目安

C-HRの取扱説明書では、エアコンフィルターを交換する目安は15,000km[7,500km※1]ごと、ただし12カ月をこえないこと※2となっています。

※1.  大都市や寒冷地など、交通量や粉じんの多い地域では7,500kmごと。
※2.  芳香剤などの使用により脱臭寿命が著しく低下する場合があるので、エアコンの臭いが気になりだしたら交換が必要。

他にもエアコンの風量が減少したとき(フィルターの目詰まりが考えられます)も交換するように記載されています。

エアコンフィルターの交換方法

グローブボックスは空にしてから作業を行ってください。気温が低いとグローブボックスの結合部が固いので、車内が十分に暖まっているときに作業を行う方が簡単です。

エアコンフィルターを交換する際、内気循環に切り替えてからシステム(エンジン)を停止すると、外からのゴミやホコリの侵入を防ぐことができます。

グローブボックスを取り外す

ダンパーステー取り外し

ダンパーステーのロックを外します。硬い場合、左手でピンをつまみながら右手でダンパーステーを外側に押し出すと外しやすいです。


ダンパーステーがピンから外れました

私は何度もダンパーステーを外しているので、今回も簡単に外れました。


グローブボックスの取り外し方
「取扱説明書:エアコンフィルターの交換より」

グローブボックスの側面を内側に押して上部のツメを片側ずつ外します。意外と力がいるので女性の方にはきついかもしれません。


グローブボックス上部のツメ

寒いとパーツが硬くなっているので破損に注意してください。


グローブボックスは水平に引っ張ります

「取扱説明書:エアコンフィルターの交換より」

取扱説明書には “グローブボックスがいっぱいまで開いた状態から、少しだけ持ち上げた位置で手前に引き、グローブボックス下部の結合部をはずす” と記載されています。

外れやすい位置があるので無理に引っ張らず、向きを合わせてから車両後方へ引いてください。無理に引っ張ると結合部が破損することがあります。

フィルターカバーを取り外す

フィルターカバー

フィルターカバーを外します。


フィルターカバー取り外し

「取扱説明書:エアコンフィルターの交換より」

フィルターカバーを固定しいる左側のロック部分をつまんで外します。こときに右側のツメに無理な力が加わらないように注意してください。


フィルターカバーのつまみ

左側のロックを外して、軽く持ち上げながら左方向に引っ張るとフィルターカバーが外れます。写真はロック部分を外して軽く浮かせたところです。

フィルターケースを取り出す

フィルターケース

エアコンフィルターはフィルターケースに収められています。ケースごと手前に引いて取り出してください。


古いエアコンフィルター

取り出したフィルターケースとエアコンフィルターです。


新品のフィルターと比較

新しいエアコンフィルターと並べました。古いフィルターは色がくすんでいます。


純正エアコンフィルター

ちなみに純正のエアコンフィルターはホワイトです。

エアコンフィルターの交換

向きをそろえてセット

エアコンフィルターをフィルターケースにセットする際、 [↑UP] マークの向きと位置を揃える必要があります。


4カ所の出っ張りの下に収める

エアコンフィルターはフィルターケースの出っ張り(4カ所)の下に収まるようにセットします。※形が崩れないよう、注意して(優しく)扱ってください。

フィルターケースを戻す

UPマークが手前

フィルターケースは [↑UP] マークの向きと方向を揃えて戻します。[↑UP] マークは手前、矢印は上方向が正解です。

フィルターカバーを取り付ける

フィルターカバーガイド

フィルターカバーを戻します。右側のガイド部分にフィルターカバーのツメを差し込んでから左側をロックします。


ツメを差し込んだところ

ツメを差し込んだところです。軽い力で差し込めます。

グローブボックスを取り付ける

グローブボック結合部

グローブボックスを戻すときに結合部の欠けている向きに注意してください。水平に押せる向きに合わせて(2カ所)押し込みます。※向きが合っていないのに無理に押すと破損することがあるので注意してください。


ダンパーステーをピンにはめる

ダンパーステーをピンにセットします。


グローブボックスのツメ

グローブボックスのツメをはめます。グローブボックスを勢いよく押すと破損することがあるので、ジワリと力を入れてツメをはめてください。

開閉に問題がなければ作業終了です。

エアコンフィルターの汚れ

1年4カ月使用したエアコンフィルターの汚れです。

外したときはたんぽぽの種がいくつか引っ掛かっているのと、色が褪せている程度であまり汚れていないのではないかと思いました。

古いエアコンフィルター

蛇腹を開いてみると、羽毛の破片と埃が少々。脱臭機能(活性炭)を気にしなければまだ使えるんじゃね?

と思い他の部分を見ると…。

エアコンフィルターの蛇腹1

ダメ。


エアコンフィルターの蛇腹2

ここもダメ。


エアコンフィルターの蛇腹3

やっぱりダメ。


エアコンフィルターの蛇腹4

完全にダメ。


表面はきれいでもかなり汚れている

表面はそれなりにきれいでも、蛇腹をめくると想像以上に汚れていました。

やはり最低でも1年に1回はエアコンフィルターを交換しようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました