C-HRフロント整流板

この記事は 約2分で読めます。

C-HRフロント整流板保護カバーの取り扱いについて納車後の確認と報告をしていなかったので写真を交えて説明します。

スポンサーリンク

フロント整流板のカバーは必要なし

上の画像ではわかりにくいので拡大します。

この整流板を挟み込んでいる細長いクリップですがキャリアカーに載せる時など移動中に整流板を保護するもので納車の時には販売店が取り外すことになっています。

私のC-HRは納車時に整流板保護カバーは取り外されていました。この写真では整流板の特徴的な形が分かりにくいですね。

これでどうでしょうか。奥の方にも同じ高さの部品が見えます。真ん中にスペースが空いていて、ただの1枚板じゃないのがわかると思います。納車前に一度車を見れたのですが奥の部品には気が付きませんでした。スリットをまたいで保護していたのかは不明です。

保護カバーがスリットをまたいでいた場合スリットが有効に働きません。整流板自体柔らかめの素材ですが保護カバーを付けたまま高速走行をすると無理な力が掛かってしまいそうです。もしまだ付いたままの方は不具合が出ていた時に対応してもらえない可能性もありますので、自分で取り外さずに販売店に持ち込んだ方が良いと思います。

整流板を取り外しました。春には取り付けるつもりです。

スポンサーリンク
C-HR整備・工具
C-HR Lifeをフォローする
C-HR Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました