コムテックZERO802V

スポンサーリンク
  この記事は 約4分で読めます。

コムテックZERO802V

『コムテックZERO802VR』を設置したので簡単なレビューと言うか感想です。

固定はダッシュボード上も考えましたが視界の妨げになるので右スピーカー上にしました。『ZERO802V』のサイズ的に手前気味に固定しないとガラスを拭くスペースを確保できません。この位置でも掃除する時はお辞儀をさせてやっとどうにかなるかな?くらいです。

コムテック OBD2接続アダプター OBD2-R3 」を使用することでハイブリッド関連の項目も表示することが可能です。

OBD2アダプターのディップスイッチの設定がモデルにより違うので注意してください。

OBD2-R1、R2はディップスイッチ『13』、OBD2-R3はディップスイッチ『10』に合わせます。

私が『コムテックZERO802VR』を購入した時は「OBD2-R2」までしか発売されていなかったのでハイブリッドの項目は見ることができません。もしかすると見れるかもと少し期待していただけに残念でした。

しかしエンジン回転数と水温計を見るのが目的だったので特に問題はありません。現在はエンジン回転数、電圧計、水温を表示しています。

納車日にレーダー探知機を早急に設置しなければならない(個人的に)ので、作業が極力簡単になるように配線はダッシュボードの間に入れずウェザーストリップ内を通してOBD2アダプター脇の足元右パネル内を通しただけで接続しています。

配線はパネル内に収まるようにまとめました。

C-HR右足元パネル

足元のパネルを外す時は奥の手で回せるネジをはずして真横ではなく手前下方向に力を入れるように外すとスムーズに外せます。

クリップが2個残ると思うので「クリップ外し 」を使って取り外します。

戻すときにはあらかじめクリップをパネルに取り付けてください。奥のネジ穴にかませてから真横に押すとはめやすくなります。強く叩いては無理にはめようとするとクリップが破損することがあるので注意してください。

「ZERO802V」の操作はタッチパネル、リモコン、モーションセンサーと多彩で操作しやすいです。ボイスは男性・女性1・女性2の三つありますがユピテルに完敗ですね。5年ぶりのコムテックで女性2の音声が増えていましたが、残念な子(個人的感想です)がアナウンスしているみたいでとても使う気にはなれませんでした。

私は「ZERO802V」を選びましたがレーダー探知機単体では6ボイス3パターンで話し方も自然な「ユピテルW50」がおすすめです。※現在新型の「ユピテルW51 」が発売されています。

公式サイト:ユピテルOBDⅡアダプター適応表

ユピテルのW50と最後まで悩みましたがZERO802Vはデザインと4.0インチ液晶そしてある機能に惹かれて(価格も!)選んだので大満足です。と上手くいったので言えることですが、計画が詰んだかと思いました。その件は目ざとい人は気が付いていると思いますが、またの機会に紹介します。

ZERO802VとND-DVR1を使ってC-HRの死角を無くす!
後方用ドライブレコーダーにパイオニアの「ND-DVR1 」を設置し、映像を「ZERO 802V」に映し出して後方の死角用モニタとして利用しています。(2018年5月26日に加筆修正しました。)

コメント