ウォッシャー液をゼロウォッシャーに変更

スポンサーリンク
  この記事は 約4分で読めます。

ウォッシャー液を、古河薬品工業の「クリアウォッシャー液 」から、シュアラスターの「ゼロウォッシャー 」に変更しました。

ウォッシャー液を変えた理由は、6月に「クリアウォッシャー液 」の買い置きがなくなり、Amazonプライムでの再販を待っていました。

そんなときに7月の特選タイムセールでシュアラスターの「ゼロウォッシャー 」が300円以下の激安(1人限定1個、あわせ買いも必要だったと思います)で登場、購入したことがきっかけです。

クリアウォッシャー液 」はのちにプライム会員限定の5個単位での販売で復活、2018年11月30日現在は、販売元がAmazon.co.jpでの取り扱いはありません。

そして11月の初旬、本格的な冬を前に『ウォッシャー液不足』の警告がでました。※『ウォッシャー液レベルウォーニング』は寒冷地仕様の装備です。

早速「ゼロウォッシャー 」を補充したいところですが、警告直後はタンク内に0.5L以上ウォッシャー液が残っている可能性があります。今回は種類が変わるので、できるだけ残量を減らしたいところです。

クリアウォッシャー液の購入
2度目の『ウォッシャー液不足』の警告が出ました。放置していると頻繁に警告が出るのですぐに「クリアウオッシャー液 」を補充することにします。

目視で確認したわけではありませんが、大体減っただろうと思った頃に(1週間以上あと)「ゼロウォッシャー 」を補充しました。

ウォッシャータンクに他のウォッシャー液が残っている場合、噴射してカラにした後、水道水を適量入れて再度ウォッシャータンクをカラにするように注意書きがあります。

私は『液あとが残らない』、『気化性洗浄剤』が配合された「クリアウォッシャー液 」を使用していたので(たぶん同じような成分だろうと勝手に判断)水洗いせずにそのまま補充しました。

水洗い無しで補充する場合は自己責任でお願いします。

もしこれまでに普通のウォッシャー液を使用していた場合は「ゼロウォッシャー 」と混じると『液あとが残らない』効果が十分に得られなくなるので、注意書き通り水洗いは実施した方が良いでしょう。

ウォッシャー液の補充には100円ショップで購入した「ポリ缶じょうご 」を愛用しています。こぼすことなく簡単に補充できるのでおすすめです。

ゼロウォッシャー 」は空き容器が丸めて捨てられるのが良いですね。

キャップの『まぜないで!シール』をウォッシャータンク付近に貼ると他のウォッシャー液との混用を防ぐことができます。私もキャップにペタリ。念のため日付も記入しました。

字が乱れているのは下がガタガタのせいです!はい、言い訳です…。日付は貼る前に記入することをおすすめします。

ゼロウォッシャー 」を補充後、何度か使ってみた感じでは『洗浄能力』や『あと残りの少なさ』など「クリアウォッシャー液 」との違いはわかりませんでした。

ただ商品としては『まぜないで!シール』や空き容器を丸めて捨てることができる分、「ゼロウォッシャー 」の方が気が利いている印象です。

他にも純水タイプのウォッシャー液を販売しているメーカーがありますが、個人的にはどのメーカーの物でもそれほど差はないのではないかと思っています。

ランキング – 1位 – 車用ウォッシャー液 (2018/11/30時点)


シュアラスター ゼロウォッシャー [超純水クリアータイプ] 2L 価格:605円 prime (2018/11/30時点)

コメント