パイオニア チューンアップトゥイーター TS-T736

この記事は 約4分で読めます。

C-HRの純正トゥイーターとのトレードイン取付可能な「パイオニア チューンアップトゥイーター TS-T736」が発売されました。

高域を大幅に拡大しハイレゾ化を実現

純正ツゥイーターを「パイオニア チューンアップトゥイーター TS-T736」に交換するだけで高域が大幅に拡大し、純正ウーファーのままでもハイレゾ音源再生に対応します。(純正ウーファーの音との自然なつながりを実現する専用設計)

「頂点駆動方式」や「アルミニウム合金製、4cmバランスドドームダイアフラム」の採用により、中域から超高域までの緻密な音の描写に加え、豊かな音場感を実現。

振動版には「キングコードエッジ」を用いたことで大きな振幅でも歪みの少ない忠実な音を再現し、低域側の再生能力を拡大。低クロスオーバーを実現し、厚みのある中域から澄んだ高域まで再生します。

ダッシュボード位置に合わせた専用チューニングを施すことにより、低域から超高域までの豊かな音場感と広いステージ感を獲得しました。

TS-T736の純正位置への取付

純正ダッシュボード取付位置へ手軽に取付けることができます。(トレードイン取付)

専用チューニングによって、車室内において理想の音響特性を創り出しました。

TS-T736適合車種一覧

※2018年9月現在の情報です。

メーカー 車種 年式
トヨタ C-HR H28/12~現在
FJクルーザー H22/12~現在
SAI H25/8~H30/2
アルファード H20/5~現在
ヴェルファイア H20/5~現在
カムリ H13/9~現在
カローラスポーツ H30/6~現在
クラウン ロイヤル・アスリート H24/12~現在
ハリアー H25/12~現在
ハリアー(ハイブリッド除く) H15/2~H24/7
プリウス H21/5~現在
プリウスPHV H24/1~現在
プリウスα H23/5~現在
マークX H21/10~現在
マークXジオ H19/9~H25/10
スバル WRX STI H26/8~現在
WRX S4 H26/8~現在
XV H24/10~現在
インプレッサ(スポーツ/G4) H28/10~現在
インプレッサ 5HB(スポーツ) H23/12~H28/10
インプレッサ 4セダン(G4) H23/12~H28/10
フォレスター H24/11~現在
レヴォーグ H26/6~現在
レガシー B4 H26/10~現在
レガシー B4※1 H21/5~H26/10
レガシー アウトバック H26/10~現在
レガシー ワゴン/アウトバック※1 H21/5~H26/10
マツダ CX-5 H24/2〜H27/1
アクセラ 4セダン H25/11〜現在
アクセラ 5ドア(スポーツ) H25/11〜現在
アテンザ セダン H24/11〜H27/1
アテンザ ワゴン H24/11〜H27/1
三菱 エクリプス クロス H30/3〜現在

※1 純正トゥイーターなし車でトゥイーター固定用のスピードナットが装着されていない場合、別途スピードナットを用意する必要があります。
※ 適合車種についての詳しい情報はメーカーサイトや販売店でご確認ください。

手軽にハイレゾ再生対応

T-Connectナビ「10インチモデル NSZN-Z68T」、「9インチモデル NSZT-Y68T」には「ハイレゾ対応サウンドパッケージ」が用意されていますが、「TS-T736」を装着することで手軽にハイレゾ再生に対応します。

※より高音質を求めるのであればトヨタ純正の「プレミアムダブルツィーターシステム」がおすすめです。

新型T-Connectナビ【2018年モデル】
T-Connectナビの2018年モデルが公開されています。

ハイレゾ再生非対応モデルにも

T-Connectナビ「9インチモデル NSZT-Y66T」や「7インチモデル NSZT-W68T」など、ハイレゾ再生非対応モデルで中高域が少し物足りないと感じている方にも「TS-T736」は良いアイテムだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました