サイドバイザー(ドアバイザー)の取り外し方

この記事は 約4分で読めます。

サイドバイザー(ドアバイザー)を取り外したので簡単に説明したいと思います。

C-HR販売店装着オプション、サイドバイザー(ベーシック)に関する情報です。

私がサイドバイザーを取り外す理由は簡単です。プ〇ーム〇ッ〇に変えた(ある意味禁煙?)ことで窓を開ける必要が無くなりました。禁煙が成功したわけではありません。

内窓は全く汚れなくなったので気が向いた時に清掃するだけで十分きれいです。それまでは2~3週間ごとに「エクスクリア」を使わなければなりませんでした。

まずはサイドバイザーを取り外すのに必要な物を紹介します。

両面テープを切り離すのに「タコ糸」を使用します。サイドバイザーを破損させないために重要です。

両面テープを切るのにカッターや針金は傷を付ける可能性があるのでおすすめしません。

残ったのりや頑固なテープを取り除くのに「パーツクリーナー」を利用すると効果的です。ただしプラスチックへの攻撃性があるので取り扱いには注意が必要です。今回は違う目的で使うことになりました。

実験したわけではありませんが「パーツクリーナー」よりも「のり取りクリーナー」の方がプラスチックに対する攻撃性が低い気がします。他にも灯油やZIPPOオイルを使っても残った”のり”を取り除くことができます。

サイドバイザーはクリップと両面テープで固定されているので、まずはクリップの位置を確認します。

写真はフロントドアのクリップです。バイザーとクリップはツメで連結されています。

バイザー(ドア)1枚に対してクリップは2カ所あります。

クリップの位置が確認できたらバイザーとドアの隙間に「タコ糸」を通して端から両面テープを切っていきます。

それほど力は必要ありません。ボディ側よりもバイザー側に軽くテンションを掛けて「タコ糸」を進ませます。

窓は開けた方が作業しやすいかもしれません。私は閉めたまま行いました。

クリップまで到達したら下からすくい上げるようにクリップの下の両面テープを切ります。1個目のクリップの両面テープは完全に切ることはできないので持ち上げてクリップを外し「タコ糸」を通過させます。

クリップを窓枠から外すか、バイザーから外すかはやりやすい方で問題ありません。ただし力を掛け過ぎてクリップを変形させないように注意してください。

私の場合は1個目のクリップはバイザーから外して2個目はバイザーごと窓枠から外しています。

窓枠に残ったクリップは差し込まれているだけなので簡単に取り外すことが可能です。

両面テープへいきなり「パーツクリーナー」などは使いません。指で押し擦りながら少しずつ剥がしていき、残った”のり”にだけ使用します。

写真〇内は指で押し剥がした両面テープです。のりを残さずに剥がせていますが、接着されていた部分に段差ができ艶が他の部分と違っていました。

たぶん両面テープの”のり”が1年かけてプラスチックを侵食(表現があっているか不明)したのだと思います。

このままだと艶の違いと段差のせいでかなり目立ってしまいます。窓枠のプラスチックは溶剤にかなり弱そうなので逆手に取ることにしました。

パーツクリーナー」を一吹きしてウエスで擦ることで艶が無くなり段差の角もなだらかになります。遠目からは(個人的に)わからないレベルに落ち着きました。

段差や艶が違わなければ「パーツクリーナー」は使わない方が良いでしょう。

クリップを無くさないようにバイザーに取り付けて作業終了です。ドアの両面テープを剥がすのに指が痛くなったのでバイザーの両面テープは放置しました。

サイドバイザーを外すことによってAピラーの視界が良くなり運転しやすくなりました。窓拭きもとても簡単に済みます。風切り音も多少低減した感じがしますし見た目もスッキリしました。

個人的にはサイドバイザーを外して満足していますが、接着面が段差になる可能性があるので同じ作業を行う場合は自己責任でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました