盗難被害車両の5台に1台がプリウス

この記事は 約4分で読めます。

一般社団法人日本損害保険協会による自動車盗難事故実態調査(2017年度11月調査)によると盗難車両は4年連続でプリウスが1位になりました。構成比は22.3%と盗難被害車両の5台に1台はプリウスの計算になります。

2015年11月調査2016年11月調査2017年11月調査
順位車種件数車種件数車種件数
1プリウス62プリウス59プリウス62
2ハイエース55ハイエース43ランドクルーザー32
3ランドクルーザー23ランドクルーザー28ハイエース28
4アクア18アクア27レクサス25
5クラウン15レクサス16スカイライン14
6レクサス12インプレッサ14 クラウン11

第19回自動車盗難事故実態調査結果より

少し前はランクルやハイエース、RAV4が狙われているイメージでしたが、最近はHV車も狙われています。C-HRも他人ごとではありませんね。少しでも被害を受ける確率を下げるためにはセキュリティに注意を払う必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オートアラーム

C-HRのオートアラームはベーシックとプレミアムの2種類が設定されています。DCMパッケージのナビゲーションシステムを装着していれば異常をメールと電話で知らせてくれます。

ベーシック 37,800円(税込)

  • ドアこじ開け
  • ホーン配線が切られた場合セキュリティホーンが作動

プレミアム 54,000円(税込)

  • ドアこじ開け
  • 進入センサー(ガラス割れ)
  • ホーン配線が切られた場合サイレンが作動
  • バッテリーはずし検知
  • バッテリーが外されても内蔵バッテリーでサイレンが作動

私は純正のオートアラームを装着していますが、付属のステッカーは外側に貼るタイプでした。メンテなどで気を使うので内側から貼る社外の「セキュリティステッカー」を利用しています。

ロックボルト(ナンバープレート用)

ナンバープレートの盗難にも気を付けなければなりません。防犯意識の高さをアピールすることにもなります。

ナンバーフレーム(デラックス/フロント&リヤ)がセットになった「盗難防止機能付ナンバーフレームセット:6,912円(税込)」の設定もあります。

純正以外のセキュリティ用品

バイパーセキュリティ

エンジンスターター機能、液晶モニター付リモコンなど多機能なセキュリティシステムです。傾きセンサーなどを追加することもできます。詳しくは販売店に問い合わせてください。

OBDガード

OBD2コネクターに鍵をかけて「イモビカッター」の使用を防ぎます。セキュリティに加え「OBDガード」を装着することで強力に愛車を守ることができます。

※OBD2アダプターに接続機器がある場合装着できません。

ロックナット

ロックナットはホイールの盗難に対し高いセキュリティを発揮します。

C-HR用ホイールナット
C-HRのホイールナットの規格はM12×P1.5です。同じメーカーでも車種によって違うこともあるので他車種の物を使う時や買い足す時には必ずナットの規格を確認してください。

セキュリティステッカー

C-HRをデザインしたセキュリティステッカーがいろいろと販売されています。見ているだけで楽しくなります。

その他

他にも車体番号をガラスに刻印する「オートガード」や、ガレージに監視カメラやセンサーライトを設置するのも効果的だと思います。

しかしどれだけ防犯対策を行っていても盗まれることはあります。万が一のために車両保険には加入しておくべきです。もし車両保険の保険料が高いと思われている方は「無料の自動車保険一括見積もりサービス」などで比較してみることをおすすめします。

ネットからの申し込みで10,000円割引などは当たり前になっているので魅力的なプランが見つかると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました