C-HR用ホイールナット

スポンサーリンク
この記事は 約3分で読めます。

C-HRのホイールナットの規格は『M12×P1.5』です。同じメーカーでも車種によって違うこともあるので他車種の名ナットを使う場合や買い足すときには、必ず規格を確認してください。

一般的に社外品のホイールはテーパー座(60°)です。C-HRの場合はナットを別途用意しなければ社外品のホイールは使用できません。

ナットを用意する時に19HEXや17HEXの頭の細いナットを用意できれば、ナットホールのクリアランスを稼ぐことができホイールに傷を付けるリスクを下げられるのでおすすめです。

マックガードスプラインドライブ

私がC-HRに使用しているのはマックガード社の「スプラインドライブ」です。30gと超軽量、2ピース構造になっていて先端のカーラーがワッシャーの代わりになり緩み防止とホイールへのダメージを軽減する二つの効果があります。

そして一番の特徴はナットの頭にスプライン加工が施されているので、すべてのナットが簡易的なロックナットとして機能することです。

それでも不安な方は「スプラインドライブ」にロックナットが付属した「スプラインドライブ インストレーションキット」も発売されています。

カラーはクロムとブラックの2種類の他に、「スプラインドライブ」は他に2色、「スプラインドライブ インストレーションキット」には他に3色ラインナップされています。

スプラインドライブ専用のソケットレンチ」は壊したり、無くしても単品で売っています。予備に一つ用意しておいても良いかもしれません。

C-HRの販売店装着オプション「TRDラグナットセット」も「スプラインドライブ」です。

私は当初エアロパーツやホイールはTRD製品を装着しようと思っていたので「TRDラグナットセット」も注文していました。しかし最終的にエアロをモデリスタに変更したために、TRD製品の取り付けはキャンセルしています。

カタログにはTRD製ホイール「TF6」専用と書いていますが、一般的な社外ホイールには使うことができると思います。(メーカーに確認は取っていません)

スプラインドライブインストレーションキット

写真は日産車に乗っていた頃に使っていたAUTECHの「スプラインドライブインストレーションキット」です。10年以上マックガードのナットを使っていますが、ソケットレンチが壊れるなどのトラブルに遭遇したことはありません。

マックガード製品はメーカーもオプションパーツとして取り扱うくらいに信頼性も高く高品質です。特に社外ホイールにはおすすめです。

コメント