着雪について

スポンサーリンク

LEDリフレクター

猛吹雪の時に着雪するのは当たり前ですが、湿った雪は少量でも着雪しやすい傾向にあります。特にLEDヘッドランプやLEDテールランプの車はユニットが熱を持たないので少ない雪でも油断はできません。

湿った雪は吹雪いていなくても着雪しやすい

降雪時、夜間にヘッドライトが暗いと感じた時は安全な場所に停車して早めに雪を取り除くことをおすすめします。その時にテールランプに着いた雪も忘れずに取り除いてください。

KURE アイスオフ

凍りついてしまっている時は「解氷剤 」をスプレーしてから「スノーブラシ 」を使うと上手く落とすことができます。

寒冷地仕様に装備されているリヤフォグランプは吹雪などで視界が悪いときに後続車に自車の存在をアピールするのに活躍してくれます。光源が電球なので点灯させていれば熱を持ち簡単に凍りつくことはありません。しかしテールランプの替わりに使うには眩しすぎて後続車の迷惑になってしまいます。

LEDリフレクターには着雪なし

しかしこれほど着雪する状況下で「LEDリフレクター 」には全く雪が着いていませんでした。場所が良いのか、LED点灯の熱で雪を溶かしているのかは不明ですがうれしい誤算です。降雪地域のC-HRにはおすすめかもしれません。

C-HR保安基準適合LEDリフレクター
C-HRのリフレクターを点灯させる商品を以前紹介したと思いますが新たにリフレクター機能を持たせた保安基準に適合させた製品が発売されます。

ドアミラーに着雪

こんな日はドアミラーにも着雪しますが、『レインクリアリングブルーミラー』に着雪防止効果は期待できそうにありません。

C-HR レインクリアリングブルーミラー
C-HRのディーラーオプション、レインクリアリングブルーミラーの簡単なレビューをします。

しかしC-HRにはドアミラーヒーターが標準装備(プリウスなど寒冷地仕様でなければ装備されない車種は多いです)なので心配無用です。

リヤウィンドウデフォッガー&ミラーヒーター

ドアミラーヒーターのスイッチはリヤデフォッガーと兼用になっています。ドアミラーに着雪する状況ではリヤウィンドウも雪で覆われているでしょうからスイッチが一つなのは便利です。

ドアミラーヒーター1分後

スイッチを入れるとあっという間に溶け始めます。写真はスイッチを入れてから1分後です。

ドアミラーヒーター3分後

3分もするとほぼ着雪は無くなります。極寒の猛吹雪(そもそも車に乗ること自体危険)の中でもない限りドアミラーの着雪をしっかりと溶かしてくれます。

※あまりにも着雪がひどいときは安全な場所に停車してスノーブラシなどで取り除いてください。

コメント