氷点下での洗車

スポンサーリンク
  この記事は 約4分で読めます。

車がドロドロ

暖かい日が続いたので車が随分と汚れていましたが、しばらくは寒い日が続くとの天気予報を聞いて洗車をすることにしました。

氷点下7℃

氷点下7℃でしたが、ここで綺麗にしてしまえば暫くは汚れないだろうと基本的には無精者の考えで動いています。しかし汚れた上から服や鞄で擦られると傷になることもあるのでいいタイミングだと思いました。特に濃色車に乗っている方は浅い傷でも目立つので汚れを放置するのはおすすめしません。

この冬、3回目のコイン洗車

時間が早いのか寒すぎるのかはわかりませんが、珍しくコイン洗車場には誰もいませんでした。それにしても段差が凄いことになっています。油断するとエアロを擦りそうでした。車の周りは凍っているので冬用の長靴を履いていても滑ってかなり危なっかしい感じです。

ホースが埋まっている

ヨチヨチ歩きでスプレーガンにたどり着きコインを投入します。ホースが埋まって凍りついているのに気が付かず一瞬慌てました。

この冬3回目のコイン洗車なのですが、まだ自分の洗車パターンを作れていません。1度目は水洗い(300円)してそのまま自宅に帰ってから拭き上げました。スプレーガンだけでは汚れが落ちていないので手間が掛かり良い方法ではありませんでした。

2度目は洗車場で拭き上げるべくカーシャンプーを持ち込んで水洗い(300円)を選びスプレーガンで汚れを落として一時停止、大急ぎで手洗いを行いました。しかし時間内に終了せず追加で100円×2回のすすぎをするはめになりました。トータル500円掛かっています。これでは手間の割りに洗車機と同じ金額なのでコスパがよろしくありません。

そこで今回は400円の標準シャンプー洗車をチョイス、5分間の一時停止が初めから含まれています。

一番汚れているホイールやタイヤハウスを綺麗にしてからボディの汚れを落としていきます。ところがタイヤ周り2ヵ所とボディ側面を綺麗にしたところで「あと30秒で水洗いが終了します」のアナウンス!

「ちょwwwはやすぎるwww」

慌てて全体に水を掛けようとしますが足元が悪くキビキビ動けません。

「ジョボボボボボボ」

全体に水を掛けることができないまま泡洗浄が始まりました。説明をろくに読んでいないので時間配分がわかっていませんでした。泡洗浄の時間もわからないので急いで全体に満遍なく掛けていきます。何とか車全体に泡を掛けることには成功しました。

「一時停止するので手洗いしろ」のアナウンスでスプレーガンを「ムートングローブ 」に持ち替えいざ!

「ちょwww泡がバニラシェイクになってるじゃんwww」

バ、バニラシェイク

泡が凍りついて思うように汚れを落とせません!コールドストーンアイスクリーム状態です。

つららが

サイドステップに氷柱(つらら)までできています。

それでもこすらなければ時間が

防寒テムレス 」を脱いで写真を撮っている場合じゃありません。

笑うしかありません

もう半分笑いながら作業していました。汚れが混じるとチョコレートシェイク見たいです。

標準コースのすすぎではシェイク状の泡が落ちるわけも無く、水洗いコース(300円)を追加しました。しかも汚れを落とすのにスプレーガンを当てながら「ムートングローブ 」で擦らなければならず全身ずぶ濡れです。氷点下7℃の中で子供の水遊びのごとく洗車している頭のおかしい大人が居ると思われたかもしれません。

一応バケツにお湯を汲んで「マイクロファイバークロス 」で拭き取りを行いましたがクロスもボディも凍るのが早すぎて撫でているだけでほとんど意味がありませんでした。

マイクロファイバークロスも凍る寒さ

フクピカトリガー 」が見えていますがとても使える状況ではなく早々に撤収しました。

もちろんウィンドウも

当たり前のようにウィンドウの水滴も凍っています。

氷点下での洗車は泡が凍ってしまい手に負えません。すすぎの手間を考えると水洗いでとどめる方が無難です。コイン洗車マスターには程遠い私は通うごとに使う金額が増えているので、冬の間は諦めて洗車機を使った方が良いと思いました。

Amazon’s Choice (2018/7/13時点)


ショーワグローブ 防寒テムレス Lサイズ 価格:1,200円 prime (2018/7/13時点)

洗車・コーティング
C-HR Lifeをフォローする
C-HR Life

コメント