冬の洗車

この記事は 約4分で読めます。

冬の洗車は悩みの種ですよね。毎シーズン迷ってしまいます。私の地域は高速道路を走った後は融雪剤が目に見えるほど付着しているので何もしないわけにはいきません。

降雪地域では多少の汚れは放置していても雪と一緒にある程度は落ちてくれます。しかし春になって「鉄粉除去クリーナー」を使ってみると…。

鉄粉除去剤クリーナー

半日は「粘土遊び」をすることになります。

前車のプリウスはスポンジブラシタイプの洗車機に入れていました。事前に無料のスプレーガンを使用できるので砂や埃は飛ばせるのですが、やはり細かな洗車傷は付いていました。

C-HRに洗車機を使うのは今のところ避けたいのでコイン洗車場で融雪剤や泥を落として仕上げを自宅で行おうと考えています。

凍りついて危険

だったらコイン洗車場で拭き上げろと言われそうですが、北海道の冬の洗車場はスケートリンク並みにデンジャラスゾーンです。時間内にスプレーガンで車全体の汚れを落とすのも大変です。そんな中で一時停止を押してシャンプーで優しく洗うなんて芸当はコイン洗車素人の私には難易度が高すぎます。

とは言っても自宅では水は出てもホースが凍りついて使い物になりません。バケツでお湯を汲んでの作業になると思うので「水不要のカークリーナー」を使ってみようと計画しています。もちろんコイン洗車後ですよ。汚れた状態でいきなり使ったら洗車傷待ったなしです。

冬に手洗い洗車をするのは10年以上ぶりなので「防寒手袋」も用意するつもりでいます。

冬の洗車にはいくつか注意点があります。

氷点下まで気温が下がる地域では高圧のスプレーガンは鍵穴に吹きかけない方が無難です。鍵の凍結が心配な時は「解氷剤」をあらかじめスプレーしておくと予防になります。(C-HRはキーレスエントリーなのであまり関係ないと思います)

洗車後すべてのドアのウェザーストリップを拭き上げてください。窓も開けて窓用のウェザーストリップの水分も取り除きます。残った水分が凍結すると窓が開かなくなったり、ウェザーストリップが外れることがあります。

ワイパーの水分も拭き取ります。凍結すると暖まるまでワイパーを使えません。(ワイパーの黒い粉は滑りを良くする成分なのであまり綺麗にし過ぎないように注意してください)

まれにブレーキディスク表面が凍結して最初の一踏みが効かない場合があるので洗車後は慎重に運転してください。

上記はすべて私が経験したことがですが一番驚いたのはワイパーが凍結して動かないので手で引っ張ったらゴムが千切れたことです。朝、急いでいたせいもありますがうかつでした。それ以来、車にも玄関にも念のため「解氷剤」を用意しています。

自宅で冬に洗車をするとなると玄関前やカーポート内を凍結させないように注意しなければなりませんね。一度きりの洗車になるかもしれませんが商品が届いて上手くいったら(?)レビューも兼ねて報告したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました