リコールの届出について(C-HR)

この記事は 約2分で読めます。

トヨタ自動車株式会社から、平成29年11月15日国土交通大臣に対して、C-HRに対するリコールの届出がありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リコール届出番号:4139 リコール開始:平成29年11月16日

不具合の部位

制動装置(駐車ブレーキ)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

電動パーキングブレーキにおいて、ブレーキ制御コンピュータの断線検出プログラムが不適切なため、作動または解除操作を長期間行わないと当該パーキングブレーキ用モータ接点に生成された酸化皮膜により接触抵抗が増加して、断線と判定することがある。そのため、警告灯が点灯して、電動パーキングブレーキが作動しないおそれがある。

改善措置の内容

全車両:制御プログラムを修正する。

不具合件数

155件 事故の報告は無し

発見の動機

市場からの情報による。

周知方法

・使用者:ダイレクトメール等で通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、運転者席側ドア開口部のドアストライカー付近に№4139のステッカーを貼付する。

リコール対象車

型式:DBA-NGX50(ガソリンエンジン車)

車体番号:NGX50-2000024 ~ NGX50-2022558

製造期間:平成28年12月2日 ~ 平成29年10月10日

対象車の台数:22,223 台


今のところリコール対象はガソリンエンジン車のみとなっています。リコールの内容的にはそれほど慌てる必要が無いと思いますのでダイレクトメールや電話で連絡が来てからでも大丈夫そうですね。詳しくは販売店やトヨタお客様相談センターに問い合わせてください。

私のC-HRはハイブリッド車ですが、普段パーキングブレーキ連動をOFFにしているのでモータ接点に酸化皮膜が生成されているのでしょうか?まったく関係無いとは思えないのでこれからはたまに動かそうと思います。


問い合わせ先:トヨタお客様相談センター TEL 0800-700-7700
国土交通省:リコールの届出について(トヨタ C-HR)

コメント

タイトルとURLをコピーしました