C-HR 4WDとは?

この記事は 約5分で読めます。

C-HRのハイブリッドと4WD、どちらがおすすめ?でC-HRとプリウス、ハリアーのデータを比較しました。なぜ引き合いに出したか?

価格が近いから?それもありますが、誤解を恐れずに言うとC-HRのシャーシとハイブリッドシステムはプリウス、4WDシステムはハリアーと同じなんです。

初めてグレード展開を見た時にハイブリッドはFF、ガソリンは4WDの設定しか無い(輸出仕様にはガソリンFFがあります)ことに驚きました。私が予想していたのはハイブリッドにFFとE-Four、ガソリンにFFのグレード展開です。

既にプリウスでTNGAにE-Fourを使うパッケージングはできているのにE-Fourの設定がないなんてあり得ません。なぜ手間を掛けてダイナミックコントロール4WDを搭載して、E-Fourを諦めたのか?4WDシステムの特徴を比べてみます。

スポンサーリンク

E-Four(プリウス)

  • 後輪の駆動は独立したモーターが行う(電子制御)
  • コーナリング時には車両の状態に合わせて前後へのトルク配分を最適化
  • 時速70km/Lまで100:0から40:60の配分比でコントロール
  • リヤモーターの最大トルクは5.6(kgfm)

電気式無段変速機リヤモーターのトルクが5.6(kgfm)で前後配分最高で40:60?

フロントモーターとエンジンで最大トルクは24.0(kgfm)くらいは出るんじゃないの?フロントモーターの最大トルク16.6(kgfm)なんですけど。

モーターだけで考えても最大トルクで加速しようと思ったら75:25で22.2(kgfm)じゃね?

40:60だと最大14.0(kgfm)しかトルク出せないの?

しかも時速70km/hまで?

そもそも後輪にトルク無いわ。

悪路からの脱出だとか加速時のトラクションを高めるとかでは無く、凍結路など滑りやすい路面で発進の補助をしてくれる超低燃費生活4駆なのがE-Fourなんだ。(個人的感想です)

対するダイナミックコントロール4WDは?

ダイナミックコントロール4WD

  • 前輪駆動と4輪駆動を自動的に電子制御
  • 旋回時にはステアリング制御、ブレー制御、駆動制御、4WD制御を協調制御することにより、走行安定性の向上
  • 最大トルク18.9(kgfm)を4輪に配分できる(最高50:50)
  • SuperCVT-i(7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付)搭載

E-Fourはガソリン4WDに比べ走行環境によっては、十分な駆動力が得られません。

E-Fourは70km/h以上では、たとえ前輪が滑ったとしても4WDにはなりません。

ダイナミックコントロール4WDは速度制限はありませんし、プロペラシャフトで最大9.45(kgfm)とE-fourに比べ倍近い後輪トルクを確保できます。

高速走行時に前輪が滑るような状況では即座に後輪に最適な駆動配分を行い安定性を高めます。

ダイナミックコントロール4WDは低燃費スポーティ4駆なんですね。(個人的感想です)

C-HRの4WDは手間を掛けてダイナミックコントロール4WDとシフトマチック付のCVTを搭載し、できる限りスポーツ方向に振ってあります。

ちなみにプロペラシャフトが通っている分、C-HR 4WDの後席センターフロアはFFよりも少し高くなっています。プリウスE-Fourにはプロペラシャフトがありませんから後席フロアはFFと変わりません。

そうかC-HRは走りにこだわったために4WDにE-Fourを採用しなかったんだ。(勝手に解釈)

C-HR G E-Fourは無理なのか?

実はプリウスのE-Fourはスペアタイヤを積めません。ラゲージ容量はFFの502Lに対してE-Fourは457L(FFにスペアタイヤを積むと457L)と幾らリヤモーターが小型化したとはいえ約50Lも容量が減っています。

C-HRのラゲージ容量は318Lと決して多くはありません。ここに無理やり、リヤモーターを搭載するとラゲージルームが無くなるか、2シーターになりかねません。

さらに重量増も問題になります。E-Fourを搭載するとリヤサスペンションの間に約25kg、全体でFFより約80kgも重くなり「ニュルブルクリンクで鍛えた走り」も色褪せてしまうのではないでしょうか。

ただスポーティーさは大きく削がれたとしてもスペアタイヤを積まずにラゲージルームの高さを10cmアップ位でE-Fourの設定は欲しかったです。

私なりにC-HR G E-Fourのスペックと価格を妄想しました。

 

C-HR G E-Four
燃費27.6km/L
エンジン1.8L+モーター
最高出力98+72PS
最大トルク14.5+16.6kgfm
駆動E-Four
全高1,555mm
最低地上高145mm
車両重量1,520kg
燃料タンク43L
価格3,108,533円

タイヤサイズ 225/50R18 外径682mm

ドン亀と言われようとも、あれば絶対E-Four選んでいました。いや、だけど乗り味がC-HRじゃ無くなったら選ばないかな…。

スポンサーリンク
C-HR
C-HR Lifeをフォローする
C-HR Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました