【改良】2020年8月の一部改良による変更点【安全性強化】

この記事は 約8分で読めます。

C-HR 20200804

2020年8月の一部改良による変更点をまとめました。

予防安全パッケージ(Toyota Safety Sense)を強化

プリクラッシュセーフティ

夜間歩行者、自転車運転者(昼)も検知可能

夜間検知

従来の歩行者検知に加え、夜間歩行者、自転車運転者(昼)も検知可能になりました。

交差点での検知にも対応

交差点での検知にも対応

交差点右折時に直進してくる対向車および交差点右左折時に対抗方向から横断してくる歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出します。

検知後、ブザーと表示で警告、その後プリクラッシュブレーキが作動して、衝突回避または被害軽減をサポートします。

緊急時操舵支援機能 [トヨタ国内初、自車線内の歩行者との衝突回避操作を支援]

ドライバーによる『回避操舵』をきっかけに操舵と車線逸脱抑制をサポートします。

歩行者と衝突する可能性が高く、自車線内に回避するための十分なスペースがあるとシステムが判断した場合で、ドライバーの『回避操舵』があったとき、操舵支援を行い、車両安定性確保と車線逸脱抑制に寄与します。

低速時加速抑制機能

自車直前の歩行者、自転車運転者に対する衝突回避・被害軽減をサポートします。

低速時の自車直前にいる歩行者、自転車運転者、車両をミリ波レーダーと単眼カメラで認識。前方に対象物がある状態で、停車または徐行状態からアクセルペダルが必要以上に強く踏み込まれた場合、エンジン出力を抑制または弱いブレーキをかけることで加速を抑制し、衝突回避または被害軽減をサポートします。

※壁などには作動しないシステムで、インテリジェントクリアランスソナーの代替機能となるシステムではありません。

レーントレーシングアシスト [LTA]

車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警告、電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにステアリング操作をサポートします。

※白線だけではなく、アスファルトや縁石などの境界から逸脱すると判定した場合も支援します。

レーントレーシングアシスト(LTA)

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)の作動中は、車線維持に必要なハンドル操作を支援します。白線が見えない状況でも先行車軌跡に追従して走行します。

※LTAは自動で運転する装置ではありません。

雨天時や積雪・凍結、雪道など、滑りやすい路面、白(黄)線が見えにくいときなどは [LTA] を使用しないでください。注意点に関しては取扱説明書に詳しく記載されています。

ロードサインアシスト [RSA]

ロードサインアシスト(RSA)

単眼カメラで認識した道路標識を、マルチインフォメーションディスプレイに表示します。

認識した道路標識の制限速度に対し、運転者が制限速度を超過して走行、または危険行為を行っているとなどとシステムが判断した場合に、告知表示およびブザー音で運転者に告知します。

※運転者自身の確認や認識を代行するシステムではありません。

先行車発進告知機能 [TMN]

先行車が約4m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に、ブザー&マルチインフォメーションディスプレイ表示で告知します。

  • シフトポジションが [P] [R] 以外でブレーキペダルを踏んで停車しているときに作動します。
  • シフトポジションが [N] またはレーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)機能で停止した場合、シフトポジションが [D] のときにブレーキホールドを使用した場合は、ブレーキペダルを踏んでいなくても作動します。
  • 6MT車の場合、シフトポジションが [R] 以外でブレーキペダルを踏んで停車しているときに作動します。

※詳しくは取扱説明書をご覧ください。

メーカーオプションの変更

「快適温熱シート・電動ランバーサポート・ナノイー」、一部グレードに標準装備

以前はメーカーオプションだった「快適温熱シート・電動ランバーサポート・ナノイー」は『S “GR SPORT”』『S-T “GR SPORT”』『G』『G-T』に標準装備。

「本革(ブラック)シート」廃止

『G』『G-T』のメーカーオプション「本革(ブラック)シート」は廃止。

「バックガイドモニター」全車標準装備

以前はメーカーオプションだった「バックガイドモニター」は全車標準装備。

「パノラミックビューモニター」価格改定

パノラミックビューモニター

「パノラミックビューモニター」の価格が変更されています。

『S “GR SPORT”』『S-T “GR SPORT”』『S』『S-T』

旧価格:44,000円 (消費税込) → 新価格:16,500円 (消費税込)

『G』『G-T』

旧価格:41,800円 (消費税込) → 新価格:14,300円 (消費税込)

「8インチディスプレイオーディオレス」追加

「8インチディスプレイオーディオレス」(バックカメラ付) -53,900円 (消費税込)

※「バックカメラ」の使用には販売店装着オプションのナビゲーションシステムの装着が必要です。

※「8インチディスプレイオーディオレス」を選択した場合、「DCM」「バックガイドモニター」「TVアンテナ」は非装着となります。

販売店装着オプションナビについて

満を持して(?)登場した感のある「8インチディスプレイオーディオレス」ですが、「パノラミックビューモニター」の価格改定(値下げ)によって魅力は半減した気がします。

それでも画質を優先して販売店装着オプションの「9インチナビ」を選択する方がいるかもしれないので、個人的に気になる点を。

NSZT-W68T

一部改良後の『C-HR AUDIO VISUAL & NAVIGATION CATALOGUE』を見ると『型式』は2018年モデルの「T-Connectナビ」と同じですが、モデル名から『T-Connect』の文字が消えて「9インチナビ NSZT-Y68T」となっています。

そして見落としてはならないのが『T-Connectサービスには対応していません』の一文です。

通信による『マップオンデマンド』にも未対応なので『T-Connect Apps』も利用できないのではないでしょうか。

私の装着しているナビ「NSZT-Y66T」では「エージェント+」の『音声認識』はちょくちょく活躍しています。

他の車種では『DCMパッケージ』として販売されている「NSZT-Y68T」ですが、C-HRでは機能が制限されている(Wi-Fi接続ができない?)ようなので、装着を考えている方は要注意です。

ひょっとすると「NSZT-Y68T DCMパッケージ」から「DCMユニット」を取り除いただけなのかもしれません。※メーカーや販売店に確認したわけではありません。あくまでも個人的な憶測です。

新型T-Connectナビ【2018年モデル】
T-Connectナビの2018年モデルが公開されています。

S-T”GR SPORT” に『Super CVT-i』搭載車を新設定

G "GR SPORT"

Super CVT-i [7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付] を搭載した『S-T”GR SPORT”』が新設定されました。

CVT・4WD 3,013,000円 (消費税込)

CVT・2WD 2,815,000円 (消費税込)

寒冷地仕様 44,000円 (消費税込)

C-HR 価格表(20/8~)
記載している車両本体価格は「付属工具」付きの価格です。

一部ボディーカラーの廃止

一部ボディーカラーが廃止されています。

個人的には『ブラック(202) × イエロー(5A3) [2PQ]』が廃止されたのには驚きました。

廃止ボディーカラー

  • オレンジメタリック(4R8) 廃止
  • メタルストリームメタリック(1K0) × ブラックマイカ(209) [2TA] 廃止
  • ブラック(202) × オレンジメタリック(4R8) [2TC] 廃止
  • ブラック(202) × イエロー(5A3) [2PQ] 廃止
  • メタルストリームメタリック(1K0) × オキサイドブロンズメタリック(6X1) [2TD] 廃止
  • ブラック(202) × ネビュラブルーメタリック(8X2) [2NH] 廃止

個人的感想

車両本体価格を見ると、『S “GR SPORT”』『S-T “GR SPORT”』『G』『G-T』が50,000円 (消費税込)アップ、『S』『S-T』が15,000円 (消費税込)アップとパッと見は値上げになっています。

しかし、『S “GR SPORT”』『S-T “GR SPORT”』『G』『G-T』は「快適温熱シート・電動ランバーサポート・ナノイー:旧価格 35,750円 (消費税込)」と「バックガイドモニター:旧価格 27,500円 (消費税込)」が標準装備になったので、旧価格 63,250円 (消費税込)分が50,000円 (消費税込)で装着されたと考えることができます。※『S』『S-T』は「バックガイドモニター」のみ標準装備。

標準装備化されたメーカーオプションが必要な方にとっては『S “GR SPORT”』『S-T “GR SPORT”』『G』『G-T』は13,250円のお得、『S』『S-T』は12,500円のお得と考えても良いのではないでしょうか。

それに加えて安全装備の充実と「パノラミックビューモニター」の価格改定、「Apple CarPlay®/Android AutoTM」の標準装備化によって

個人的に今回の一部改良は『実質値下げ』と受け取っています。

そう単純な話ではないので異論はあると思いますが、個人の感想なのでご容赦願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました