C-HR特別仕様車”Mode-Nero”&”Mode-Bruno”

スポンサーリンク
  この記事は 約12分で読めます。

2018年12月3日、C-HRの「G」「G-T」をベースに、ブラック系の”Mode-Nero”とブラウン系の”Mode-Bruno”の2種類の特別仕様車が設定されました。さり気なく追加されている『Cool Style』も要チェックです。

G”Mode-Nero” / G-T”Mode-Nero”

“Mode-Nero(モード-ネロ)” イタリア語で“流行の黒色”の意

For your Drive

なにげない移動を感動に変える、力強さをまとったC-HR。

“Mode-Nero” 特別装備

エクステリア

“Mode-Nero”では、ブラック塗装とブラックナットの18インチアルミホイールを特別装備し、スポーティで力強いイメージを創出しています。

インテリア

“Mode-Nero”は内装をブラック基調とし、クールな印象を高めた仕様になっています。シート表皮のクールグレーのアクセントとグレーのステッチがスポーティーさを演出しています。

  • 専用シート表皮(上級ファブリック[ブラック]+本革[ ブラック×クールグレー]&専用ステッチ[グレー])
  • インストルメントパネルアッパー(ブラック)
  • コンソールボックス(ブラック)
  • ドアトリムオーナメント(ブラック)

ボディカラー

“Mode-Nero”には、モノトーン5色、ツートーン5色の計10色のボディカラーが用意されています。

“Mode-Nero”:MONO TONE(モノトーン)
ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉32,400円(消費税抜き30,000円)
メタルストリームメタリック〈1K0〉
ブラックマイカ〈209〉
ブラッキッシュアゲハガラスフレーク〈221〉32,400円(消費税抜き30,000円)
センシュアルレッドマイカ〈3T3〉32,400円(消費税抜き30,000円)
“Mode-Nero”:TWO TONE(ツートーン)
ブラック〈202〉×
ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉[2NA]
54,000円(消費税抜き50,000円)
ブラック〈202〉
×センシュアルレッドマイカ〈3T3〉[2NF]
54,000円(消費税抜き50,000円)
ブラック〈202〉
×メタルストリームメタリック〈1K0〉[2NK]
32,400円(消費税抜き30,000円)
メタルストリームメタリック〈1K0〉
×ブラックマイカ〈209〉[2TA]
32,400円(消費税抜き30,000円)
メタルストリームメタリック〈1K0〉
×ブラッキッシュアゲハガラスフレーク〈221〉[2TR]
54,000円(消費税抜き50,000円)
“Mode-Nero”専用カラー

 


ブラッキッシュアゲハガラスフレーク〈221〉

 


メタルストリームメタリック〈1K0〉×ブラッキッシュアゲハガラスフレーク〈221〉[2TR]

ブラッキッシュアゲハガラスフレーク〈221〉は、青、緑、黒、濃紺など、様々な色に見える特性の強いボディカラーです。
特別設定カラー

 

メタルストリームメタリック〈1K0〉×ブラックマイカ〈209〉[2TA]

特別装備

今回の特別仕様車にはリヤクロストラフィックアラートとバックカメラが標準装備されています。

リアクロストラフィックアラート(RCTA)

BSMのレーダーセンサーを利用して後退時の左右後方の接近する車両を検知する機能です。作動条件は後退時、車速が8km/h以下で接近する他車の速度が8~28km/hの間のときにドアミラーのインジケーターとブザーで存在を知らせます。

※真後ろから接近する車両には反応しません。

バックカメラ

画面を映すには別途ナビゲーションシステムなどが必要です。

G”Mode-Bruno” / G-T”Mode-Bruno”

“Mode-Bruno(モード-ブルーノ)” イタリア語で“流行の茶色”の意

For your Style

街の視線を引き寄せるような、個性あふれるC-HR。

“Mode-Bruno” 特別装備

エクステリア

“Mode-Bruno”ではフロントアウトサイドドアハンドルにメッキ加飾が施され高級感を高めています。

インテリア

“Mode-Bruno”は内装をブラウン基調とし、上質な印象を高めた仕様になっています。ブラックと明るいブラウンのコントラストが華やかな印象です。

  • 専用シート表皮(上級ファブリック[ブラック]+本革[ ダークサドルタン]&専用ステッチ[ブラウン])
  • インストルメントパネルアッパー(ダークサドルタン)
  • コンソールボックス(ダークサドルタン)
  • ドアトリムオーナメント(ブラック)

ボディカラー

“Mode-Bruno”にはモノトーン3色、ツートーン3色の計6色のボディカラーが用意されています。

“Mode-Bruno”:MONO TONE(モノトーン)
ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉32,400円(消費税抜き30,000円)
メタルストリームメタリック〈1K0〉
ブラックマイカ〈209〉
“Mode-Bruno”:TWO TONE(ツートーン)
ブラック〈202〉
×メタルストリームメタリック〈1K0〉[2NK]
32,400円(消費税抜き30,000円)
メタルストリームメタリック〈1K0〉
×ブラックマイカ〈209〉[2TA]
32,400円(消費税抜き30,000円)
ダークブラウンマイカメタリック〈4U3〉
×ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉[2TP]
54,000円(消費税抜き50,000円)
“Mode-Bruno” 専用カラー

 

ダークブラウンマイカメタリック〈4U3〉×ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉[2TP]

特別設定カラー

 

メタルストリームメタリック〈1K0〉×ブラックマイカ〈209〉[2TA]

特別装備

今回の特別仕様車にはリヤクロストラフィックアラートとバックカメラが標準装備されています。

リアクロストラフィックアラート(RCTA)

BSMのレーダーセンサーを利用して後退時の左右後方の接近する車両を検知する機能です。作動条件は後退時、車速が8km/h以下で接近する他車の速度が8~28km/hの間のときにドアミラーのインジケーターとブザーで存在を知らせます。

※真後ろから接近する車両には反応しません。

バックカメラ

画面を映すには別途ナビゲーションシステムなどが必要です。

主要装備比較

価格

1.8L ハイブリッド 2WD

G”Mode-Nero”G”Mode-Bruno”ベース車両 “G”
2,979,200円2,979,200円2,929,200円

1.2L ターボ 2WD

G-T”Mode-Nero”G-T”Mode-Bruno”ベース車両 “G-T”
2,655,200円2,655,200円2,605,200円

1.2L ターボ 4WD

G-T”Mode-Nero”G-T”Mode-Bruno”ベース車両 “G-T”
2,849,600円2,849,600円2,799,600円

外装

225/50R18タイヤ&18×7Jアルミホイール

“Mode-Nero”“Mode-Bruno”ベース車両 “G・G-T”
ブラック塗装+ブラックナット標準仕様(切削光輝+ブラック塗装)標準仕様(切削光輝+ブラック塗装)

フロントアウトサイドドアハンドル

“Mode-Nero”“Mode-Bruno”ベース車両 “G・G-T”
標準仕様(カラード)メッキ標準仕様(カラード)

操作性・内装

シート表皮

“Mode-Nero”“Mode-Bruno”ベース車両 “G・G-T”
ブラック×クールグレーブラック×ダークサドルタン標準仕様(ブラック×ブラウン)

専用ステッチ

“Mode-Nero”“Mode-Bruno”ベース車両 “G・G-T”
グレーブラウン

インストルメントパネルアッパー&コンソールボックス

“Mode-Nero”“Mode-Bruno”ベース車両 “G・G-T”
ブラックダークサドルタン標準仕様(リコリスブラウン)

ドアトリムオーナメント

“Mode-Nero”“Mode-Bruno”ベース車両 “G・G-T”
ブラックブラック標準仕様(リコリスブラウン)

安全装備

リヤクロストラフィックアラート(RCTA)

“Mode-Nero”“Mode-Bruno”ベース車両 “G・G-T”
特別装備特別装備メーカーオプション※1

※1.リヤクロストラフィックアラートとバックカメラはセットでメーカーオプション。価格は37,800円(税込)。

オーディオ・その他

バックカメラ

“Mode-Nero”“Mode-Bruno”ベース車両 “G・G-T”
特別装備特別装備メーカーオプション※1

※1.リヤクロストラフィックアラートとバックカメラはセットでメーカーオプション。価格は37,800円(税込)。

Cool Style

ブラック/レッドモールの『Sporty Style』の派生として、シルバー/メッキモールの『Metallic Style for TOYOTA』、シルバー/ライムグリーンモールの『Street Style for Netz』が設定されていますが、新たに『Cool Style』が追加されました。

価格はクールスタイルパッケージ[フロントスポイラー(ブラック/メッキモール)+サイドマッドガード(ブラック/メッキモール)+リヤバンパーガーニッシュ(ブラック/メッキモール)のセット]が140,400円(税込)です。単品での価格や取付工賃など詳しくはトヨタ販売店にお問い合わせください。

「ついに来たか!」という感じです。ボディカラーを選ばない、ブラック×メッキモールのカラーリングを待っていた人は多いのではないでしょうか。

特別仕様車専用ではないので標準仕様のC-HRにも取付可能だと思います。詳しくはトヨタ販売店にお問い合わせください。

フロアマット(特別仕様車専用)

特別仕様車の内装に合わせ、専用メタルネーム、専用オーバーロック(“Mode-Nero”はグレー、”Mode-Bruno”はブラウン)が設定されています。価格は1台分33,480円(税込)です。

あとがき

特別仕様車はどうなの?

特別仕様車の価格はベース車両よりも50,000円ほど高くなっていますが、バックカメラとRCTAが標準装備なので実質12,200円の価格差と考えて良いと思います。

プラス12,200円で内装色にブラックを選べたり、メッキのドアハンドル(カバーではありません!)を選べたり、レアカラーを選べたりと好みが合えばカスタマイズ費用としては破格の安さだと思います。

ブラックの内装色にこだわりがなかったり、メッキドアハンドルに興味がなかったり、ベース車両に比べて値引きが渋いと、そうも言っていられませんが、個人的には特別仕様車はおすすめです。

私が今、C-HRを購入するのであれば迷うことなく(無難に)”Mode-Nero”の『ホワイトパールクリスタルシャイン』を選びます。ブラックの内装にプラス12,200円払う感じでしょうか。

あれ?レアカラーを選ばないとお買い得感は薄い!?

“Mode-Nero”と”Mode-Bruno”について

特別仕様車に設定されたボディカラーの『メタルストリームメタリック×ブラックマイカ』のツートーンや『ブラッキッシュアゲハガラスフレーク』の2色は正統派の格好良さを感じますし、内装色もブラックなので一般的には”Mode-Nero”の方が人気が出そうな気がします。

しかし”Mode-Bruno”の印象的な『ダークブラウンマイカメタリック×ホワイトパールクリスタルシャイン』のツートーンも侮れません。

まったく予想していなかったカラーリングなので初めて見たときはやられたと思いました。完全に逆を突かれた気がします。

内装も標準仕様のブラウンよりも明るいカラーのダークサドルタンとブラウンのステッチで明るい印象を受けます。なぜかはわかりませんが、ブランド物のパンプスを連想してしまいました。

そういう意味では女性向けの(女性受けの良い)カラーなのかもしれません。※個人的感想です。男性が乗っても全然変だとは思いません。

ボディカラーは20色に

特別仕様車を含めC-HRのボディカラーは20色になりました。これから購入する方は目移りしてしょうがないのではないでしょうか。

私は『メタルストリームメタリック×ホワイトパールクリスタルシャイン』や『ブラック×ネビュラブルーメタリック』のツートーンが登場するのではないかと密かに思っていましたが外れてしまいました。

それにしても陰に隠れている感のある『メタルストリームメタリック×ブラックマイカ』の”Mode-Nero”の格好良さがジワジワ来ているのは私だけでしょうか。


公式サイト:C-HR 特別仕様車 G“Mode-Nero”/G“Mode-Bruno”/G-T“Mode-Nero”/G-T“Mode-Bruno”

 

コメント