C-HR LEDリフレクター取り付け

スポンサーリンク
  この記事は 約5分で読めます。

LEDリフレクター

ラゲージルーム内の配線に接続するのにコードの長さが足りず多少モタモタしましたが「LEDリフレクター 」の取り付けは目立たず(?)速やかに(手抜き)作業を完了させることができました。

LEDリフレクター 」を取り付ける前にネジ穴の慣らしをします。

リフレクターのピン

ネジは最後まで回さず半分くらいまでで良いと思います。一度ネジ穴に通すだけでバンパー内での作業がスムーズになります。

LEDリフレクターの配線を通す

ピン穴(ネジ穴の上)から配線をバンパー内に通します。固定ネジはできるだけ手で回してから「オフセットラチェットドライバー 」を使います。運転席側の締め付け作業は左手を使った方が楽でした。

ウエザーストリップを外した隙間からコードを取り出します。

細い針金

配線通しには細い針金を使いました。隙間はそれなりにあるので引き込めるのであれば何を使っても良いと思います。

リヤバンパー内は配線チューブで保護

自宅に3φの「配線チューブ」があったので配線保護のためバンパー内のみ使用しました。

3φだとピッチピチでコードも少しはみ出しています。使うのであれば5φの物をおすすめします。個人的には無くても構わないと思いますので自己判断で使ってください。

ビニールテープで保護

配線コードをウェザーストリップで挟み込むのでボディ側にビニールテープを貼って保護します。その上から養生テープを貼り配線を固定しました。

配線を固定

ウエザーストリップから出た部分もテンションが掛からない様に固定します。私は「養生テープ 」を使っていますが「配線止めテープ 」や「アルミテープ 」がおすすめです。

脱着ができるように「LEDリフレクター 」の配線コードの先に「ギボシ端子 」を取り付けました。

アース線の「ギボシ端子 」のみ外せばノーマル状態に戻すことが可能です。

配線にギボシ取り付け

ワイヤーストリッパー 」で1cmくらい皮膜を剥離します。”よって”折り返してハンダを流し配線を太くします。しっかりと”かしめた”あとに「ギボシ端子 」と配線をハンダ付けします。

アース線には「ギボシ端子メス」を取り付けるべきですが、電源を取り出す配線の確証がなかったので「ギボシ端子オス」を取り付けています。

ギボシ端子 」に接続できるコードは0.50~2.0sqまでです。対応した配線コードを使用する限りハンダ付けは必要ありません。細線と0.50sqの接続には「接続コネクター 」をおすすめします。

電源取り出し延長接続コード

実は前日に電源取り出し用の接続コードを『ブレーキ用』、『スモール用』、『アース用』と3組作っていたのですが、配線コードが届きませんでした。

仕方が無いので配線延長を兼ねた『電源取り出し延長接続コード』を新たに作りました。間違いを減らすために配線の色を変えています。

電源取り出し延長接続コード

1組に「配線コネクター 」1個、「ギボシ端子メス」2個、「自動車用配線コード0.50sq 」を約40cmと20cmほど使っています。

ギボシ端子 」で配線を分岐する時に2本の線を”よって”しっかりと”かしめ”れば簡単に抜けることはありませんが、「配線コネクター 」を使って分岐させる方が確実です。

作った『電源取り出し延長接続コード』の「ギボシ端子 」がスリーブ(カバー)で確実に保護されているのを確認してから「配線コネクター 」で青の配線(水色ではありません)に『ブレーキ用』、緑の配線に『スモール用』、白黒の配線に『アース用』を接続します。(グレードや製造時期により配線の色が違う可能性がありますので注意してください)

純正の白黒の配線がアースではない可能性も考慮して『電源取り出し延長接続コード』はすべて「ギボシ端子メス」で作っています。配線の純正コネクターや「配線コネクター 」だけを先に接続して検電すれば良いのですが面倒だったので…。

検電テスター

『電源取り出し延長接続コード』に「LEDリフレクター 」を接続する前に「検電テスター 」を使って電源の確認をしました。取り出したアース線とボディアースを接続して点灯しないのを確認してから、ブレーキ線、スモール線の確認をしています。

電源取り出し

『電源取り出し延長接続コード』に「LEDリフレクター 」を接続して点灯確認をします。

電源コードをまとめる

配線を固定し逆の手順でアンダーカバーや内張を戻して作業終了です。

昼間だとわかりにくいので夕暮れ時に撮影しました。

LEDリフレクタースモール点灯

スモール点灯状態(30%)です。

LEDリフレクターブレーキ点灯

ブレーキ点灯状態(100%)です。

LEDリフレクター反射機能

反射機能を確認するために消灯させてスマホのフラッシュで撮影してみました。分かりにくいですが大丈夫みたいですね。満足な仕上がりです。

手抜きも多いですが手探りな部分があった割には短時間で作業は終了したと思います。

整備などで自分以外の人がリヤバンパーを脱着する場合「LEDリフレクター 」の配線のことを伝えておかないと断線や破損の可能性があるので注意してください。

テールランプの脱着が必要になりますが「リフレクター用 電源取り出し分岐ハーネス 」と「配線コネクター 」を利用すれば面倒なハンダ付けや配線を気傷付けずに「LEDリフレクター 」を接続可能です。

今回の作業はその場の判断でリヤバンパーやテールランプの脱着に切り替えるつもりで行いました。ほぼ計画通りに取り付けは完了しましたが、手の大きさや体格、利き手や体の向き、工具の持ち方、使い方などで作業の難易度は変化します。

作業途中で無理だと思った時は作業内容を変更したりカー用品店やトヨタ販売店に相談することも必要です。自分で作業される方はくれぐれも自己責任でお願いします。

DIYエクステリア
C-HR Lifeをフォローする
C-HR Life

コメント