C-HRで道北~道東へツーリング1日目(4/4)~ホテル編

この記事は 約3分で読めます。

そろそろ予約していたチェックイン時間なのでホテルに向かいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

稚内グランドホテル

この日泊ったホテルは「稚内グランドホテル」でツインルーム、素泊まり、大人2人で17,260円(税込)でした。稚内には宿泊施設が少ないため宿泊料金は割高です。

17:00にチェックインを済ませ部屋で一息つきます。次はノシャップ岬で夕陽を見て、開基百年記念塔から稚内の夜景を見る予定です。

稚内市北方記念館(百年記念塔)」の入館料は一般は400円ですが、6月1日~9月30日までの午後6時~午後9時の間は夜間入館料になり半額の200円で入館できます。

部屋に入って30分もしないうちに暗くなってきました。窓から外を覗いてみるとあれほど晴れていた天気が嘘のように曇っています。夕陽はほぼ絶望的ですが18:00にノシャップ岬に向かいました。

ノシャップ岬の夕陽?
市内を車でウロウロしながら19:00まで粘りましたがこれが太陽を確認できる限界でした。(トップの写真は2016.10に新冠町で撮った夕陽です)

さらに開基百年記念塔は雲がかかって市内からは見えなくなっています。小雨も降ってきたので入館は諦め夕食を食べに行くことにしました。向かった先は稚内が本店の回転寿司「花いちもんめ」です。岩見沢と千歳にも店舗があるようですが行ったことが無いので本店との違いはわかりません。中トロなど一般的なネタは他の回転寿司店と変わりませんでした。しかし稚内なだけあってウニやホタテ、カニはネタも新鮮で美味しく、2人で7,000円も食べてしまいました。

コンビニに寄って酒とつまみを買ってホテルに戻ると駐車場の車の数が一気に増えています。ホテルには天然温泉の大浴場とサウナがあり地元の方がお風呂に来ているためでした。泉質は化石海水型温泉で疲労回復、美肌効果があるそうです。私たちは地元のお客さんが少なくなった22:00過ぎに入りに行きました。ビジネスホテルとしては浴槽もサウナも大きく旅の疲れを癒すには十分でした。

いつものことですがツーリングは急な計画だったのでホテルの選択肢が少なく、あまり期待はしていませんでしたが室内はそれなりに綺麗で、浴場も広く不満はありませんでした。ただしホテルでは、お風呂に入って寝るだけで滞在時間も短く、要求レベルが低いので(ツインルーム、駐車場有り、価格も安ければOK!)ホテルでもゆったりとした旅を満喫したいのであれば、早めに計画を立てて(お前が言うなですよね)予約しなければこの時期は気に入った所に泊るのは難しいかもしれません。

T-Connectアプリのデータ(一日目)
燃費:27.3km/L
走行距離:439km
運転時間:9.67h
平均速度:45.4km/h

マイカーログのタイムラインを見ると平均速度が留萌からは50km/h、羽幌から稚内までは60km/hと結構なハイペースで走ることができました。札幌から稚内までは、高速道路を使わなくても5時間程度(車の流れ次第)で到着できそうです。日帰りも可能な気がするので機会があればもう一度行ってみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました