C-HR Bi-Beam LED ヘッドランプ

この記事は 約2分で読めます。

「Bi-Beam」何て読みますか?ビービーム?ビーアイビーム?ビビーム?正解は「バイビーム」だそうです。1灯の光源でロービームとハイビームの切り替え可能なLEDヘッドランプにこの名前を付けているそうです。

「Bi-Beam LED ヘッドランプセット」は2018年5月7日より「S・S-T」を除く「G・G-T」、「S・S-T “LED Package”」に標準装備になりました。
スポンサーリンク

C-HR メーカーオプション Bi-Beam LED ヘッドランプ

「S・S-T」を除き標準装備(2018年5月7日~)

  • Bi-Beam LED ヘッドランプ(オートレベリング機能付)
  • LEDクリアランスランプ
  • LEDシーケンシャルターンランプ
  • LEDデイライト
  • リアコンビネーションランプ(LEDタイプ)

5つの装備がセットみたいな感じを受けますが実際はヘッドランプとテールランプのセットです。ヘッドランプの中にLEDデイライト、LEDシーケンシャルターンランプ、LEDクリアランスランプが内蔵されています。

ヘッドライト下部の白くライン状になった部分がデイライトです。明るい時にデイライトのみ点灯させるにはライトポジションをAUTOの位置に合わせてください。

テールランプはブレーキランプ、ターンランプ、バックランプとすべてLEDになります。ただしライセンスランプはLEDではありません。

個人的な意見としては標準装備との違いはデザインのみなのでどちらか好きな方を選べば良いと思います。エアロパーツなんかと一緒です。それでも何か優位な点は無いかと問われるとオートレベリング機能が付いているくらいですかね。他車からの視認性が良いとか、ヘッドランプが明るいとかはどちらを選んでも車検を通るので無しの方向で。

LEDヘッドランプは雪が溶けないから雪国には向かないと思われがちですが、ハロゲンでも溶けるのはヘッドライト部分のみ(C-HRのテールランプは標準でもLED)です。ヘッドライトが暗くなるほど雪が付着する様な状況では、定期的に降りて(安全な場所で!)ウインカーやストップランプの雪を降ろさないと非常に危険なので手間は同じと考えています。

バックフォグは電球なので吹雪の時の追突防止にLED化はしない方が良い(雪が降らない地域はOK!)と思います。電球のバックフォグでも雪で覆われることはありますけどね。もちろん視界良好な時はOFFでお願いします。と、言うことで付けなくてもOKな装備です!私は格好いいと思ったのでBi-Beam LED ヘッドランプを選びました。

女性オーナーは選ばない人が多そうな気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました